「2017民主平和統一ゴールデンベル日本大会」で東京韓国学校中高等部の生徒たちが、”一つのパーワ”(THE POWER OF ONE)を演じました。


26日、東京韓国学校で行われた「2017民主平和統一ゴールデンベル日本大会」では東京韓国学校中高等部の生徒たちがこれまで練習してきた舞台を披露し、参加者らの注目を集めた。


まず、舞踊部は伝統打楽器公演“一つのパーワ”(THE POWER OF ONE)を披露した。演奏には、朴晏姫(高3)、金旼志(高3)、丁才元(高2)、金恵美(高2)、朴珠希(高1)、崔輝秀(高1)、金聖喜(高1)、李嘉睿(高1)、崔智恩(中3)、金主恩(中3)、盧恩貞(中3)が参加し、華麗なパフォーマンスで場を盛り上げた。


“一つのパーワ”は気迫あふれる音とリズミカルな展開が特徴。同公演を創作した東京韓国学校舞踊教師の朴景蘭教師は、「映画『一つのパーワ』を見ながら思い付いたリズムを韓国の伝統リズム“チャンダン”と組み合わせて作った作品」とし、「最初はジン(銅鑼)の音から始まり、徐々に4つの伝統打楽器(チャング,ブク、ジン、クエンガリ、)が調和を成しはじめ、やがては雷のような迫力のある大きい音となり、それが聞く人の胸を打つ。子供達一人一人の願いがひとつの大きい輪となり、それが統一韓国の土台となってほしいとの強い願いを込めて作った作品」と作品の意味を説明した。


東京韓国学校のユニミクサークル


今回のゴールデンベルでは初めての公演を行った東京韓国学校のユニミクサークルは、大衆的なジャンルのR&B、ポップ、ヒップホップ中心の音楽サークル。2017年に初めて結成し、主にフェイスブックなどのSNSや、学校内外での行事で活動した。
李晧珍(高2)、鄭珠熙(高2)、金有利(高1)、李瑞鎬(高1)、朴秀賢(高1)、權世穩(高1)、金聖恩(高1)、崔瑞娟(高1)、任秀彬(高2)、吳泰賢(高2)、金旻侯(高2)の11人は、『ろうそく一つ(촛불 하나)』という韓国の代表的な曲に統一の念願を込めたリメーク曲を演奏。特に、多芸多才な学生たちが直接書いたラップ部分の歌詞が印象的で、これからの活動が期待される。


東京韓国学校のダンスグループ「グリンナレ」


また、ダンスグループ「グリンナレ」も舞台を披露し、注目を集めた。グリンナレは、「描いたように美しい翼」という意味で、東京韓国学校の中学1年生から高校2年生のダンスが大好きな学生たちが集まった部活。同日には、韓茶彬、鄭多恩、金炫知、金チェアン、朴主恩、趙允晟、金善泳がステージに立ち、華やかなダンスを披露。大きな拍手を受けた。
シン・オクソン担当先生は「チームワークはもちろん先輩と後輩の仲もとても良い。これからもさまざまな大会に出場したり、ダンス動画をアップしたりする活動をしていきたい」と語った。


東京韓国学校舞踊部の「一つのパーワ」公演


東京韓国学校舞踊部の「一つのパーワ」公演


東京韓国学校舞踊部の「一つのパーワ」公演

東京韓国学校舞踊部の「一つのパーワ」公演


東京韓国学校舞踊部の「一つのパーワ」公演

東京韓国学校舞踊部の「一つのパーワ」公演


ソローパフォーマンスを演じた。2年生の丁才元生徒


東京韓国学校のダンスグループ「グリンナレ」


東京韓国学校のダンスグループ「グリンナレ」


東京韓国学校のダンスグループ「グリンナレ」


東京韓国学校のダンスグループ「グリンナレ」


東京韓国学校のダンスグループ「グリンナレ」


東京韓国学校のユニミクサークル


東京韓国学校のユニミクサークル


東京韓国学校のユニミクサークル


東京韓国学校のユニミクサークル


東京韓国学校 舞踊教師の朴景蘭


舞踊部指導教師:朴景蘭
梨花女子大学 舞踊学科卒業、東京韓国学校 舞踊教師、お茶の水女子大学表現行動学科 博士前期過程在学中


東京韓国学校の音楽教師ベウンギョン


ユニミクサークル指導教師: ベウンギョン(音楽) 国際広報部
東京韓国学校の音楽教師として2002年から勤務をしており、ブラスバンドと合唱部を担当し、学校の音楽会行事と関連した校内・外の行事に積極的に指導、活動している。日,韓の関係改善に先頭に立って音楽を通じて日本の合唱団を指導しながら、韓国の美しい音楽を紹介している。



東京韓国学校の教師シン・オクソン


THE FACT JAPAN

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10