BIGBANGのT.O.Pが、最近極度のストレスで精神的に不安定な様子をみせていたと伝えられた。

意識不明で緊急入院したBIGBANGのT.O.Pが、最近極度のストレスで精神的に不安定な様子をみせていたと伝えられた。

T.O.Pは6日午前、配置されていた4機動団の宿所で意識不明の状態で発見された。韓国マスコミによると、T.O.Pは起床時間になっても起きず、意識がないことを同僚が発見し、病院に搬送された。

「普段服用していた精神安定剤を少し過剰摂取したとみられるが、意識を回復できない状態ではない」という同部隊関係者の話も報じられたが、「午後7時30分基準で、まだ意識が戻らない状況」という報道も出ている。T.O.Pの今の状態について、所属事務所はまだコメントをしていない。

一方、T.O.Pは、パニック障害、うつ病、不眠症に悩まされ、昔から病院で処方してもらった精神安定剤を服用してきたと伝えられている。そのため、関係者らは今回のことも精神安定剤の過剰摂取を疑っている。韓国マスコミの連合ニュースは、T.O.Pの知人の言葉を引用して「最近大麻を吸引した疑いで在宅起訴され、精神的に極度のストレスに悩まされた」と報じた。

THE FACT JAPAN

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10