緊急入院したBIGBANGのT.O.Pが健康を取り戻し、治療にまい進していることがわかった。

緊急入院したBIGBANGのT.O.Pが健康を取り戻し、治療にまい進していることがわかった。

YGエンターテイメントは12日、韓国マスコミに「T.O.Pは現在、転院した病院に入院し治療を続けている」と伝えた。病状は大分良くなり、生活するには問題がないという。YGエンタは、「約2週間ほど治療をうける予定だが、退院の可否はまだ未定」と明かした。

一方、6日午前、ソウル地方警察庁所属の4機動団の宿舎で意識を失った状態で発見されたT.O.Pは、近くの梨大木洞病院に運ばれたが、午後まで意識がなく、集中治療室に再び移された。梨大木洞病院側は7日に会見を開き、T.O.Pの健康悪化の理由について「ベンゾダイヤアゼピンの過剰摂取」とし「意識が明瞭でない状態」と説明した。ベンゾジアゼピンは向精神薬で、主に精神安定剤として使われる。

THE FACT JAPAN

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10