鼻咽頭がんと診断されたキム・ウビンの治療のため、シン・ミナがそばで看病していることが伝えられた。

鼻咽頭がんと診断されたキム・ウビンの治療のため、恋人のシン・ミナがそばで看病していることが伝えられ、注目を集めている。

キム・ウビンは先月、鼻咽頭がんを診断されたことを突然発表し多くのファンに衝撃を与えた。現在はソウルの某病院で通院治療を受けているというが、最近SNS上ではキム・ウビンとシン・ミナが一緒に来院していることを見たという目撃談が多く投稿され話題となっている。

韓国マスコミも、「キム・ウビンが病院を行くたびに、シン・ミナが一緒に同行しているようだ。総合病院のため、人が多く、二人の目撃談が相次いでいる」とSNSでの目撃談を紹介した。シン・ミナ側も「キム・ウビンが早く健康を取り戻せるように、助けている」と伝えた。

キム・ウビンは最近、体調に異常を感じ、病院に訪問。鼻咽頭がんを診断された。幸いに早期発見だったため、現在は通院治療を通じて薬物治療と放射線治療を受けている。

一方、2015年、CMに一緒に出演したことをきっかけに恋人関係に発展したキム・ウビンとシン・ミナは2年間交際を続けている。

THE FACT JAPAN

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10