所属事務所が、ユ・アインの兵役免除と関連して公式コメントを発表した。

ユ・アインの所属事務所が、ユ・アインの兵役免除と関連して公式コメントを発表した。

所属事務所UAA(United Artists Agency)は27日、韓国マスコミに「ユ・アインは既存の疾患が原因で、2017年6月27日、兵務庁から“現役活用不可”という兵役免除の判定を受けた」と伝えた。また、所属事務所は「俳優の健康上の問題を最優先にし、治療を積極的に支援していく。また、慎重な経過観察と細心の管理を一緒にしていく」と付け加えた。

ユ・アインは、2013年の映画「カンチョリ オカンがくれた明日」撮影中に右肩の筋肉が破裂。2014年の映画「ベテラン」の撮影をする際に症状が悪化した。結局、2015年に骨腫瘍という診断を受け、免除免除の判定が下された。

THE FACT JAPAN

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10