大麻吸引容疑で在宅起訴されたT.O.Pに、検察は懲役10月・執行猶予2年を求刑した。

大麻吸引容疑で在宅起訴されたT.O.Pに、検察は懲役10月・執行猶予2年を求刑した。

29日、ソウル中央地方裁判所でT.O.Pの初公判が行われた。T.O.P側は検察の公訴した容疑をすべて認めた。T.O.Pは昨年10月ごろ、自宅で歌手練習生出身のA氏と全4回に渡って大麻を吸引した疑いを受けている。

T.O.Pは「長い期間に渡ってうつ病を患った。誤った判断により、取り返しのつかない大きいな過ちを犯してしまった」とし「同事件は一週間の間に起こった。その一週間は私の人生において最悪の時間で、痛く身に染みるほど後悔している。恥ずかしい気持ちで、いかなる処罰も甘んじて受ける」と語った。

同裁判で検察はT.O.Pに懲役10月・執行猶予2年を求刑した。次の裁判は7月20日に行われる。

THE FACT JAPAN

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10