JYJのユチョンがSNSを通じて約1年ぶりに心境を告白し、活動再開への意志をほのめかせた。


JYJのユチョンがSNSを通じて約1年ぶりに心境を告白し、活動再開への意志をほのめかせた。


ユチョンは17日、自身のインスタグラムに「すべての方々に申し訳ない気持ちで謝罪の言葉を話したかったです...本当に話したかったですが...どうすればいいのか...方法も自信もありませんでした...本当に...死にたくなるくらいに申し訳ない気持ちでした」とし「それでも、随分遅くなりましたが...本当に申し訳ございません」と謝罪した。


また、ユチョンは「いつかは皆さんと直接会って、私の気持ちを伝えられる日が来るのを願います。結婚も...皆さんに先に話さなくて本当にごめんなさい...謝罪すらしなかったのに...申し上げるのが難しかったです...ご理解お願いします」と突然の結婚発表についても謝罪した。
ユチョンは最後に、「本当にどうか皆さんに会える日が来るのを願っています...私...(ファン)ハナさん 応援お願いします。改めて申し訳ございません」と活動再開への意志を表した。


同投稿は現在削除されているが、これまで口を開かなかったユチョンがファンに直接心境を告白するのは、“性的暴行”疑惑が浮上した昨年6月以来約1年1ヵ月ぶり。ユチョンは現在、社会服務要員として軍服務中で、すべての活動を中止し自粛している。
除隊後の9月には、韓国の大手食品会社・南陽乳業の創業者の孫娘で知られているファン・ハナ氏と結婚式を挙げる予定だ。


THE FACT JAPAN

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10