© S.M.ENTERTAINMENT

© S.M.ENTERTAINMENT

SUPER JUNIORのドンヘとウニョクが、除隊後初となる日本でのライブを披露した。


ドンヘとウニョクは27日、東京ドームで開催された「SMTOWN LIVE WORLD TOUR VI IN JAPAN」に出演。入隊前から約2年ぶりにSUPER JUNIORのメンバーらと一緒に熱いステージを披露し、会場を埋め尽くした約5万人の観客を魅了した。


とくにこの日の公演は、ドンヘとウニョクが除隊後初の日本でのステージとなり、大きな注目を集め、大ヒット曲『SORRY,SORRY』をはじめ、『美人(BONAMANA)』『Magic』『Devil』など数多くのヒット曲を披露。観客は大いに沸いた。


ドンヘとウニョクがステージの中央で敬礼をすると、観客は大歓声を上げて2人を歓迎。ドンヘは「約2年前、軍隊に行く前に来たこの場に、今、立っていることが信じられない。ドキドキし緊張しているが、デビュー当時の感じがした。皆さんやメンバーと一緒にできて、幸せで、これから一生懸命活動していく」と述べた。また、ウニョクは「ついに2年ぶりに戻ってきた。本当にとても会いたかったし、待っていてくれたことに本当に感謝する。これからもずっとよろしく」と述べ、ファンとの再会を喜んだ。


そして、SUPER JUNIORのヒット曲メドレーが始まると、観客は一緒に歌い、メンバーの名前を連呼し、曲ごとにそれぞれ異なる応援方法も完璧にこなすなど、ドームの雰囲気を盛り上げた。
それに応え、SUPER JUNIORのメンバーも流暢で面白みのある日本語を駆使しファンと交流するなど、世界中で人気を誇るスターとして、圧倒的なパフォーマンスを見せつけた。


「SMTOWN LIVE」の東京ドーム公演は、本日28日まで行われる。


THE FACT JAPAN


  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10