THE FACT DB

SBS月火ドラマ「操作」の第7話と8話がそれぞれ9.5%と12.1%の視聴率を記録し、同時間帯で放送中のドラマの中で最高の視聴率となった。


先月24日の第1話が同時間帯で放送中のドラマでトップとなる視聴率を記録し、順調な滑り出しを見せたドラマ「操作」が、現在も首位の座をキープしている。


「操作」は兄の復讐をするために記者になったハン・ムヨン(ナムグン・ミン)と、常識を貫く正義感溢れる記者のイ・ソクミン(ユ・ジュンサン)、一つの事件の解決に全力を注ぐ情熱的な検事のクォン・ソラ(オム・ジウォン)が手を結び、腐敗したマスコミに立ち向かっていくストーリーを描くドラマ。


SBSドラマ「操作」キャプチャ画像

ドラマには、日本でも人気急上昇中のナムグン・ミンをはじめ、ユ・ジュンサン、オム・ジウォン、ムン・ソングン、チョン・ヘジンら演技に定評のある豪華役者陣が出演していて注目を集める。現実の世界における“不条理”が感じられるストーリーと、スピード感のあるドラマ展開が人気を博している要因となっている。


一方、他の月火ドラマの視聴率は、MBCドラマ「王は愛する」の第11話と12話が6.3%、KBS2TVドラマ「学校2017」は4.6%となっている。


THE FACT | カン・スジ


  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10