ソン・ヘギョ(右)とキム・テヒ。

韓流の世代交代か――。ついに女優の第一次韓流ブームの立役者である、ソン・ヘギョとキム・テヒがゴールインを果たした――。それも、ソン・ヘギョは4歳年下のソン・ジュンギと、キム・テヒは2歳年下のピ(RAIN)と、二人ともパートナーは年下という共通項を持ち合わせている。
そこで、改めて、第一次韓流時代を颯爽と生き抜いた二人をフィーチャーしてみたいと思う。

ソン・ヘギョの人気に火が付いたのは、2000年に放送された『秋の童話』。このドラマには、ウォンビンやソン・スンホンといった韓流を彩る俳優たちがこぞって出演している。そして、2001年にはペ・ヨンジュン主演の『ホテリアー』、2003年にはイ・ビョンホン主演の『オールイン』、2004年にはピと共演した大ヒットドラマ『フルハウス』に出演。すべて日本でも大ヒットしたものばかり。まさに、第一次韓流ブーム時代を生きた女優でもある。

一方、キム・テヒに火が付いたのは、こちらも韓流の立役者であるチェ・ジウ主演の2003年に放送された『天国の階段』である。そして、キム・テヒの名を日本でも不動の地位にあせたのが、イ・ビョンホンと共演し、2009年に大ヒットしたドラマ『アイリス』である。その後、日本でもCMに起用されたり、2011年に放送された『僕とスターの99日間』では西島秀俊とともに、主役に抜擢されたりと、日本での活動が記憶に残る人も多くいるのではないだろうか。

イ・ドンゴン(左)とエリック。

さらに俳優では、立て続けに結婚してしまった第一次韓流ブームの立役者であるペ・ヨンジュン、イ・ビョンホン、チャン・ドンゴン、ウォンビンといった韓流四天王に追随したイ・ドンゴンも女優チュ・ユニと結婚。さらに、第一次韓流ブームを代表するアイドルグループである神話のエリックもモデルのナ・ヘミとゴールインへと続いた。俳優だけではなく、時代を象徴するアイドルが結婚するというのは、その時代の終わりを告げているようなものである。

残るは最大の牙城チェ・ジウのみ。ソン・スンホンも中国人女優のリウ・イーフェイとの結婚は近いだろうし、カン・ソラと熱愛中のヒョンビンも秒読みだろう。

THE FACT JAPAN|松庭直

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10