© 2017 INVENT STONE ALL RIGHTS RESERVED


© 2017 INVENT STONE ALL RIGHTS RESERVED


© 2017 INVENT STONE ALL RIGHTS RESERVED

ファインフィルムズはキム・ナムギル、チョン・ウヒ出演 最新作『ワン・デイ 悲しみが消えるまで』を7月29日(土)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほか大ヒット公開中です。この度、韓国大衆文化ジャーナリストの古家正亨さんをお招きしてのトークイベントを開催しました。


シネマート新宿で4日(金)、映画『ワン・デイ 悲しみが消えるまで』公開記念としてトークイベントが開催され、韓国大衆文化ジャーナリストでK-POPアイドルや韓流スターのMCとしても知られる古家正亨さんをゲストに迎え、古家氏が本作の見どころや主演のキム・ナムギルについて語った。


韓国エンタメに精通する古家氏は、本作について「非常に心打たれる作品。どのように受け止めて良いのか、自分が主人公のガンスだったらラストはどのような選択をしただろうか考えてしまいます。」とコメント。そして主演のキム・ナムギルについては、ファンミーティングでの司会を担当した際に、偶然、ナムギルと一緒になったというエピソードを披露。本作『ワン・デイ 悲しみが消えるまで』がとても良かったという感想を直接ナムギル本人に伝えると、嬉しそうに小突かれたという、彼の気さくな人柄が垣間見える話で会場のファンを大いに沸かせた。またナムギルの演技について「彼は目やセリフだけでなく、色んなものを背負った男の背中の演技も良かったですね。同じ男として、観ていて2回は泣いてしまいました」と話し、ナムギル本人にも‘背中の演技’でとても感動したことを伝えたようである。更に「ナムギルさんは普段はおちゃめで優しい方ですが、演技で魅せるカリスマ性とのギャップにもやられてしまいますね」と語り、会場のファンを頷かせた。


ヒロインのミソを演じるチョン・ウヒやイ・ユンギ監督については「最近のチョン・ウヒは『哭声/コクソン』など、とにかく色んな作品に出演しており、色々な演技が出来る女優ですね。イ・ユンギ監督は今年は他にも『男と女』がありましたが、画面の中にいる役者とそれをとりまく風景や小物などの組み合わせに非常にこだわる監督だと感じましたね。次にまた『ワン・デイ 悲しみが消えるまで』を観る際は周囲のディテールのこだわりにも注目すると更に楽しめると思います。」と語り、また、本作のロケ地であるオシャレな店やバーが集まる大学街の新村(シンチョン)やソウル最大のショッピングモール、コエックスモールの中にある水族館なども解説し、リピーターの観客が再度本作を楽しめるポイントを語った。


◇『ワン・デイ悲しみが消えるまで』は、シネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにて全国順次公開中。

出演:キム・ナムギル『パンドラ』、チョン・ウヒ『哭声/コクソン』、パク・ヒボン「プロデューサー」、ユン・ジェムン『ラスト・プリンセス』          
監督:イ・ユンギ『チャーミング・ガール』 『アドリブ・ナイト』 『素晴らしい一日』 
2017/韓国/カラー/韓国語/113分 

英題:One day  

原題:어느날 配給:ファインフィルムズ  

© 2017 INVENT STONE ALL RIGHTS RESERVED
http://www.finefilms.co.jp/oneday

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10