©KISS Entertainment Inc.


2017年8月5日(東京・舞浜アンフィシアター)、6日(大阪・グランキューブ大阪)、13日(名古屋・フォレストホール)、にてUP10TION[STAR;DOM]発売記念SHOWCASEが行われた。この日は、韓国6th Mini Album予約者の中から抽選で選ばれたファンが参加出来る特別なSHOWCASEとなった。


まずは、全身ブラックの衣装を身にまとって登場し、韓国最新タイトル曲「Runner」を披露!夜空の星の様にペンライトが光輝く中、続けて「ID」が披露された。


メンバーが再び舞台に登場すると、「お久しぶりです〜!」と会場に集まったファンと挨拶を交わした。クンは「皆さん、お久しぶりです!今日もHONEY10(ファン)のおかげでステージがホットホットですね!」と話した。また、今の気分を尋ねられると、コギョルは「日本のHONEY10に会いたかったから、会えて本当に嬉しいです!」とし、リーダーのジヌは、「新しいステージを見せられて気分がいいです!」と、久しぶりに日本のファンに会って最新曲を披露出来た喜びを語った。
更に、嬉しい気持ちを愛嬌で表現してとお願いされると、末っ子のシャオが、「おね〜ちゃん、ほんと〜に好きです、ほんと〜に会いたかった❤」と100点満点の愛嬌を披露し、会場を沸かせた。


可愛らしいダンスがポイントの「Everyday」を披露後、再びトークタイムへ。


©KISS Entertainment Inc.


今回のアルバム[STAR;DOM]のコンセプトを聞かれると、「UP10TIONのさらに格好良くなった顔がコンセプトです(笑)。特にジヌさんが格好いいです!」とコギョル。続いて、ファニも、「僕が本当に格好良いのがコンセプトです(笑)」と照れながら話すと、会場からは黄色い声援が轟いた。また、[STAR;DOM]のポイントを尋ねられると、ギュジンは「ソンユルさん1人でトンって飛ぶところがポイントです!」と話した。


また、シャオが「ソロパートがたくさんあるので注目して見てください。」と続いた。更にレコーディングやMV撮影のエピソードを聞かれると、クン「僕が本当に本当エクササイズをしました(笑)。運動をたくさんしたのですが、僕のシーンがあまり使われなかったのが悲しかったです。」と、残念そうに語ってくれた。また、コギョルは「僕のパートをレコーディングする時、本当に大変でした。僕のパートの部分だけで3日間かかりました。」と苦労を明らかにした。また、ソンユルは、「ミュージックビデオの撮影のダンスシーンで、カメラにぶつかってとっても痛かったですが、スタッフさんがとても心配して集まって来て恥ずかしかったので、大丈夫ですって言いました(笑)。でも本当に痛かったです。」と、可愛らしいエピソードも紹介してくれた。


そして、収録曲の話になると、「僕たちの収録曲のラップメイキングをしました!」とクン・コギョル・ウェイがラップの作詞をしたことも語ってくれた。また、ソンユルは「『Dream You』という曲は寝るときにオススメの曲で、メンバーが作詞に参加しました!」と話した。


©KISS Entertainment Inc.

続いて紹介にもあった「Dream You」、そして「Once again」が2曲続いて披露されると、いよいよエンディングへ・・・最後にメンバー一人一人がこの日の感想を語った。ソンユルは、「長い間、日本で活動がなかったのに待っててくれてありがとうございます!」とし、ウェイが「今日はどうでしたか?僕は日本のHONEY10にも『Runner』を見せられて本当に嬉しいし、気分がいいです。今日はありがとうございました!」と感謝の気持ちを伝えた。


そして、「White Night」、「Everything」を披露し、「今日も本当に来てくれてありがてありがとうございました!」と、惜しまれながらもステージを後にした。


<<イベント情報>>
8月18日(金) 東京 / 晴海客船ターミナル ①15:00 ②18:00
8月19日(土) 東京 / 晴海客船ターミナル ①14:00 ②17:00
8月20日(日) 東京 / 神宮外苑花火大会
8月21日(月) 東京 / 晴海客船ターミナル ①12:00

詳細:https://up10tion.jp/contents/106550

UP10TION

2015年に韓国・中国同時デビューを果たした韓国ボーイズグループ「UP10TION」。昨年6月に韓国3rd Mini Album「SPOTLIGHT」をひっさげファン待望の初来日を果たし、いきなりオリコン週間ランキング洋楽アルバムランキング1位を獲得。9月には、韓国4th Mini Album「Summer go!」で再来日し、2作連続となるオリコン週間ランキング洋楽アルバムランキング1位を獲得。その勢いのまま今年1月22日には「UP10TION 5th Mini Album [BURST] JAPAN SHOWCASE」を大盛況のうちに終えた。
そして、今年3月8日Japan Debut Single『ID(アイディー)』で待望の日本デビューを果す。『ID(アイディー)』はビルボードチャートでデイリー、ウイークリーランキングともに1位を獲得、オリコンデイリーチャートでも3位を獲得し、熱いデビューを飾った。


韓国6th Mini Album[STAR;DOM]

情熱的なカリスマ溢れる、”胸熱”なパフォーマンス
UP10TION”시작해(Runner)”でカムバック!!

ダイナミックなパフォーマンスで瞬間瞬間を圧倒させる韓国ボーイズグループ'UP10TION'がNew Mini Albumを発表!2017年夏、最も熱いパフォーマンスを披露する!


この度、韓国で発売となった[STAR;DOM]は、空から輝く星のように色々な場所から注目される‘STAR(星)’のようにUP10TIONが胸が張り裂けそうなほどの迫力とセクシーで魅力的なパフォーマンスで注目を集め、頂上を目指そうという大きな抱負が込められている。
 
タイトル曲‘Runner’はイム・チャンジョン、Rain、Monday Kidz、Rumble Fish、ソニアなど、ボーカリストたちから愛されている作曲家SUNがUP10TIONに初めて楽曲提供をした作品。愛を走ることに例えた表現をしていることが特徴で、愛のため諦めずに走る男の意地が熱く感じられるムーンバートン系のダンス曲だ。
またトラック2の‘Everything’はジャスティン・ビーバーの‘One Less Lonely Girl’、EXOの‘Growl’、UP10TIONのデビュー曲‘SO, DANGEROUS’と‘Attention’を作曲したヒット・メーカー Hyuk Shinが手がけた瞬間瞬間、彼女への思いで頭の中がいっぱいになった男の幸せな感情を通話をするような独特な表現で演出されている。プロデュースチーム'PLAY SOUND'のパク・サンジュン、イ・ジンシルの作品である'True Lovelyz'はトロピカルサウンドのポップダンスミュージックで、愛に素直な男の愛、飾らない気持ちをメンバー・クン、ウェイ、ビトが作詞に加わった。
 
タイトルも印象的な'Hot Blood'はUP10TIONならではのパワーを感じられる強烈なヒップホップトラップ曲でUP10TIONのチャレンジ精神と夢に向かって諦めない熱い熱情が強く感じられる曲だ。 ガールズグループTWICE'1 to 10'、UP10TIONの'Just Like That'などを作曲したNoday、Chloeの'Everyday'は恋に落ちた少年の純粋な思いをポップサウンドで表現した曲だ。 最後のトラックである'Dream You'はアコースティック・ポップスタイルで、柔らかなギターサウンドとUP10TIONならではの個性的な歌声が合わさってロマンチックなムードを演出している。 別れの後、夢の中で笑う恋人の姿を想うという内容を盛り込んでいる。

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10