© YG ENTERTAINMENT

BIGBANGのG-DRAGONが自身の誕生日に寄付をおこなった。


18日に誕生日を迎えたG-DRAGONは、内戦や暴力で苦しんでいる全世界の難民を支援するために8180万ウォン(約770万円)を国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)韓国代表部に送った。

G-DRAGONは毎年自身の誕生日に、身体が不自由な子ども等への寄付活動をおこなってきた。また自身が寄付するだけでなく、SNSを通じて、ファンの寄付参加も促し注目を集める。


今回、G-DRAGONからの寄付金はUNHCRの「グローバルシェルターキャンペーン」にて使われる。同キャンペーンは、全世界の200万人の難民に臨時の住まいと安全な住居環境を提供するため、UNHCRが2016年5月からおこなっている。集まった寄付金は、難民に必要不可欠な最低限の臨時の住まいと住居環境を提供するために、また暴力や迫害等による身体的・精神的な被害を受けないようサポートするために使われる予定だ。


G-DRAGONは「我々が平和な世の中で生きることが出来たら嬉しい。内戦や暴力から避難する子どもたちを見ると胸が痛い。子どもたちがほんのひとときでも休める場所のために、僕が少しでも力になれればと思う」と、寄付の趣旨を説明。そして「平和は、考えるだけで成し遂げられるものではなく、それを成し遂げようと我々が一緒に努力をしていくことで作られるということを伝えたい」と述べた。


一方、G-DRAGONは18日午後8時18分、『BULLSHIT』のMVを限定公開する。同MVは、今年6月にリリースしたUSB型アルバム「KWON JI YONG」に込められたリンクから閲覧できる。USB型アルバムにはじめてアップデートされるコンテンツということで、期待が高まっている。


THE FACT JAPAN

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10