撮影シーン左から:高畑淳子、古畑星夏、倉科カナ、佐野史郎、カイ(EXO)


日本最高峰の脚本家、向田邦子原作!奇跡のコラボレーションがWOWOWのドラマで実現!
「連続ドラマW 春が来た」
カイ(EXO)が日本の夏祭りを初体験!撮影の様子を公開!


日本、韓国、中国を中心にアジアで絶大な人気を誇るアジアトップグループ「EXO」。
2013年に発売した初のフルアルバム『XOXO』にて韓国で12年ぶりのミリオンヒットを達成し、韓国の音楽賞を総なめにした。さらに、ビルボードが選定した“2014年注目すべきアーティスト14”にアジアのアーティストとしては唯一選出され、その後も韓国で3作連続ミリオンセラーヒットを記録するなど、グローバルな注目を浴びている。
日本ではデビューシングル「Love Me Right~romantic universe~」が、海外アーティストによるデビューシングル歴代最高の売り上げ枚数を記録。さらにその年のオリコン年間ランキングの新人部門で3冠を達成し、海外男性アーティスト史上最速で東京ドーム公演デビューを果たした。昨年2016年にリリースした2nd SINGLE「Coming Over」でも海外アーティストによるデビューシングルから2作連続での初週売上10万枚突破が史上初の快挙となった。その年のワールドツアー日本公演では日本ツアーとしては最多の全国6ヵ所15公演、アリーナ&2年連続ドーム公演を開催するなど、今、アジアで最も注目されるグループである。


今回、EXOのメンバー、カイが日本のドラマに奇跡の初主演!WOWOW のオリジナルドラマ史上、初の海外キャストの主演となる。
原作は、鋭い観察眼と愛情あるまなざしで人間の機微を描き出す日本最高峰の脚本家、向田邦子の傑作短編「春が来た」。本質的な人間の姿を描く向田作品は、ロングセラー作品として今も色あせることなく時代と海を越え、日本のみならずアジア諸国においても愛され続けている。
メガホンをとるのは河合勇人監督。2011年連続ドラマ「鈴木先生」でギャラクシー賞優秀賞、日本民間放送連盟賞テレビドラマ番組部門最優秀賞などを受賞後、映画『鈴木先生』(12)も監督。近年では映画『俺物語!!』(15)、『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』(17)でメガホンをとった。
このドラマは、そんな向田の遺作ともいうべき短編で、“家族の再生”という普遍的なテーマを描いた「春が来た」を現代リメイクしたもの。連続ドラマとして、オリジナルストーリーを加筆、再構成し、大胆に現代のヒューマンドラマとしてよみがえらせる。
また、WOWOW では「WOWOW Presents EXO Special Programs」と冠して2017 年1 月から続々とEXO の出演番組をオンエア。ジャンルを超えて発揮される彼らの多彩な魅力をお届けしている。
「連続ドラマW 春が来た」は“WOWOW Presents EXO Special Programs”では、唯一のWOWOWオリジナル制作作品となる!


アジアで絶大な人気を誇るアジアトップグループ「EXO」のカイが、日本のドラマに初出演、しかも主演を務めるということで大きな話題となっているWOWOW で来年1月放送予定の「連続ドラマW 春が来た」。先日、満開の桜をバックに優しく微笑むカイのキービジュアルが解禁となったが、今回はその撮影現場での様子が一部公開された。


キービジュアルはタイトルにちなんで、「春」をイメージするものだったが、今回は「夏」の「七夕まつり」の撮影メイキングカットを公開!カイが演じるカメラマンのジウォンと、ヒロインの直子(倉科カナ)とその家族が一緒にお祭りを楽しむという場面で、大勢のエキストラにも参加してもらっての大規模な撮影がおこなわれた。スタッフがセットを装飾するあいだ、女優さんたちは浴衣に着替え。倉科を始め、直子の母親役の高畑淳子、妹役の古畑星夏らが浴衣姿で現場に現れると、それだけで華やいだ雰囲気となる。カイも女優陣の浴衣姿を見て「綺麗です!」と絶賛。実はこの撮影、4月上旬の夜に行われたため浴衣でいるにはかなり寒く、スタッフはコートを着ていたくらいだったが、お祭りという設定もあり、出演陣もスタッフ全員に笑顔が溢れていた。


カイは、この日のセットを見ると、「すごい!」とテンションがアップ。なぜか、 “大阪 たこ焼き なんでやねん!”というフレーズを繰り返しながら、日本語で「美味しそう。一つください。」とイカ焼き屋台の店員役の人に話しかけたり、スーパーボールすくいをしてみたりと、撮影の合間も日本のお祭りの疑似体験を楽しんでいる様子。またカメラマンという役柄のため、持っていたカメラで実際に出演者やスタッフを撮影し始めた。その腕前をスチールカメラマンにも褒められると「僕はジウォン(カメラマン)だから(笑)」と冗談も言いつつ、自らの手で思い出を収めていた。撮影終了後、この日の感想を聞かれると「韓国には花火とかはあるけど、こういう町のお祭りみたいなものはないから、初めての経験で楽しかったです。」と笑顔で答えた。「韓国にもこういうお祭りがあってほしい、本当に良いです。女性ときたら惚れちゃいそう。」と、祭りシーンを満喫した様子。また、七夕の短冊に願いをこめたカイ。そこには『みんなに春が来ますように』と書かれていた。
本編のなかでは、家族の幸福な時間の象徴として描かれた夏祭りシーン。家族の心がひとつになる美しく、華やいだ楽しいシーンになっているので、どうぞお楽しみに!


メイキングカット

<ストーリー>
デパートの下着売り場に勤める岸川直子(倉科カナ)は地味で冴えない31歳の独身の販売員。岸川家はうだつの上がらない父・周次(佐野史郎)、くたびれた部屋着で過ごす母・須江(高畑淳子)、生意気で可愛げのない高校生の妹・順子(古畑星夏)との4人暮らし。
ひょんなことから、ひとりの韓国人のカメラマン、イ・ジウォン(カイ(EXO))と出会う。その日をきっかけにジウォンの存在は直子とその家族を少しずつ変えていくのだが…。
原作:向田邦子「春が来た」(『隣りの女』所収)文春文庫刊
監督:河合勇人(「鈴木先生」『俺物語!!』『チア☆ダン』)
脚本:吉田弥生
出演:カイ(EXO)、倉科カナ、古畑星夏、健太郎、高田聖子/高畑淳子、佐野史郎 ほか
特設サイト:http://www.wowow.co.jp/dramaw/harugakita/


「連続ドラマW 春が来た」
WOWOWプライムにて2018年1月放送



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10