左から キム・ユジン、チョン・インソン、パク・スンジュン、キム・ジフン、オ・ヒジュン |(C)Tomoko Nozaki


韓国で2016年3月にシングルアルバム「KNOCK」でデビューすると、ルックスとスタイルのよさに加えて、抜群の歌唱力で韓国内で大きな注目を集め、その後、セカンド・シングル「BACK AGAIN」、サード・シングル「U」というダンサブルな2曲を大ヒットさせ、日本デビュー前にもかかわらず日本でも人気が沸騰。単独ライブも開催するなど好調な彼らがついに10月11日にシングル「U/BACK AGAIN」で日本デビューする。韓国では7月に「Rain」でカムバックし、多忙ななか来日した彼らにインタビューした。


――KNKはどんなグループ? 特長や魅力を教えてください。
スンジュン「2016年3月3日に5人組男性グループとしてデビューしました。男性的な魅力をコンセプトにして、メロディーをメインにした曲を歌い、抒情的なものや、ダンス&セクシーな姿を見せるグループです。KNK(クナクン)という名前は、K-POP界で大きな人になれ、という意味と、K-POPの扉をノックする(KpopkNocK)という意味が込められています」


 (C)Tomoko Nozaki


――メンバー各自の自己紹介、自己アピールをお願いします。
ジフン「リーダーのキム・ジフンです。目が魅力ポイント。僕のことを怖がってる人もいるかもしれないけど、そんなことなくて、純朴で、心優しい青年です(笑)」
インソン「かわいいメインボーカルのチョン・インソンです。頭が悪そうに見えるんですが、実は天才です(笑)。(メンバー「え~うそつき~(笑)」)僕の天才的な魅力に皆さん、どっぷりハマっていただければと思います」
スンジュン「メンバーで一番背が高いパク・スンジュンです。鼻とハートが可愛い人!です。(と言って愛嬌ポーズ)」
ユジン「長男で、ボーカルのキム・ユジンです。僕の魅力は…寡黙!? ファッショニスタ、声?(メンバー「優しい声です!」)
ヒジュン「ギターを弾く、末っ子オ・ヒジュンです。僕の魅力は、大きな目、と鼻がキレイ?」


チョン・インソン |(C)Tomoko Nozaki


――ほかのメンバーについて、こんなところがうらやましい、というようなことがあったら教えてください。
ユジン「インソンは、寝ている時以外は、2時間おきに何か食べてるのに、全然太らないところがうらやましい。あれで体型を維持できてるのがすごいです」
スンジュン「さっきも、1時間半ぐらい前にお弁当を食べたのに、インタビューを40分ぐらいしたらお腹が鳴ってたよね」
インソン「全然太らないわけではないんですが…食べ過ぎた時はウォーキングしたりしてます。でも、さっきまたマネージャーさんにフライドチキンを買ってきてもらいました(笑)」


キム・ユジン |(C)Tomoko Nozaki


――ユジンさんのファッショニスタ、というのはみんなも認めてる?
ユジン「認めてくれてません(笑)。僕はストリート系スタイル。ヒジュンはストリート系なんですが、ほかの3人は正統派スタイルで好みが違うので…」
スンジュン「僕は清潔感のあるダンディーな感じの服が好きなんですが、ユジンが服について詳しいので、聞いて参考にすることもあります。よね。」


――皆さんは共同生活ですか?
全員「はい!」


――一番、朝が弱いのは誰?
全員「インソン!」
インソン「僕、いろいろなところで登場しますねえ」


パク・スンジュン |(C)Tomoko Nozaki


――韓国でデビューして約1年半。デビュー当時と今で、変わったことは?
スンジュン「顔もきれいになったと思うし、体型もすっきりしました。写真を撮られることにも慣れて、キレイに写れるようになりました(笑)」
ジフン「すべてに余裕が出てきたと思います」


キム・ジフン |(C)Tomoko Nozaki


――10月11日についに日本デビューが決定! 日本進出が決まった時の気持ちは?
ジフン「自分たちが思ってたより早かったなと、うれしく思っています。デビューということは何かが始まるということで、緊張してますし、大丈夫かな、という不安も正直あります」
スンジュン「うれしい気持ちと同時に不思議な気分になりました。幼いころから、日本で活躍しているK-POPの先輩方がいい成果を残しているのを見てきて、僕たちも頑張らないと、と思っています」
インソン「今回日本では4回目のコンサートですが、日本のファンのおかげでデビューできることをうれしく思いますし、ファンの皆さんにもっとたくさん会いたいと思っています」


――デビューシングル「U/BACK AGAIN」はどんな曲?
スンジュン「2曲とも、ヒットメーカーのキム・テジュさんの曲です。別れた恋人に戻ってきてほしいという思いの込められた歌詞の歌です。KNKの男性美、男らしさ、メロディーライン、派手なダンスパフォーマンスで皆さんに喜んでもらえると思います!」
インソン「韓国語バージョンは、パワフルで攻めてる感じの歌詞で、日本語バージョンは、切ない、ソフトな感じ。情緒的、感性的、詩的な感性を生かしている感じに仕上がっていると思います」


――レコーディングで苦労したことは?
スンジュン「日本語の発音ですね。特にラップでは苦労しました」


オ・ヒジュン |(C)Tomoko Nozaki

――10月にはファンミーティング開催も決定。今後日本活動で考えていることは?
ヒジュン「ティンカーベル(ファンの呼称)の皆さんと一緒にコンサートがしたいです。ファンミーティングでは、皆さんとたっぷり交流したいと考えています」
スンジュン「活発に活動したいし、日本で成功している先輩たちに劣らぬように頑張ってオリコンチャートに入りたいし、ミュージックステーションや、いつかは紅白歌合戦にも出てみたいです!」


――韓国でもカムバックし、多忙ですが、リラックス法、プライベートでの楽しみ方は?
ヒジュン「映画鑑賞、運動。ファンと交流することです」
ユジン「ゲーム。仲のいい友達としゃべること。話すことでストレス解消になります」
スンジュン「ビタミンを飲むこと。友達とのおしゃべり。ファンカフェでファンと交流すること」
インソン「ゲーム、釣り。釣りは、空気が良く、景色がいいところへ行くのでストレス解消にとてもいいんですが、遠くまで行くので帰ってくると疲労が…(笑)。なので、最近はゲームです」
ジフン「サッカー。スポーツが好きなんですが、最近あまりできなくて…最近は、友達としゃべったり、ショッピングすることですね」


オ・ヒジュン|(C)Tomoko Nozaki


メンバー平均身長185cmというスタイルの良さだけではなく、5年以上のトレーニングで培った実力も兼ね備え、"歌唱力"、"パフォーマンス"、モデル並みの"ヴィジュアル"と三拍子そろった男性アイドルとして日本デビュー前から話題を呼んでいるKNK。いい意味で、過剰な気負いはないが、自分たちに自信もあり、いろいろな期待もしていて、前向きに突き進んでいる。今、とても楽しい、というワクワク感が伝わってきただけに、日本デビューとその後の活動に期待せずにいられない。


THE FACT JAPAN|野﨑友子



■ KNK JAPAN OFFICIAL SITE

http://knkjapan.com/
■ UNIVERSAL MUSIC JAPAN

http://www.universal-music.co.jp/knk/



◆KNK 日本デビューシングル

「U / BACK AGAIN 」

2017年10月11日発売


 ●[初回限定盤A](CD+DVD)  
品番: UICY-96001
価格: 税込 2,500円(税抜価格 2,315円)
 【CD収録曲】
1 U (Japanese ver.)
2 BACK AGAIN (Japanese ver.)
3 U (Instrumental)
4 BACK AGAIN (Instrumental)
【DVD収録予定曲】
U (Japanese ver.) ミュージック・ビデオ
BACK AGAIN (Korean ver.) ミュージック・ビデオ


●[初回限定盤B]  (CD+ミニ写真集)
品番: UICY-96002
価格: 税込 2,000円(税抜価格 1,852円)
【CD収録曲】
1 U (Japanese ver.)
2 BACK AGAIN (Japanese ver.)
3 U (Korean ver.)
4 BACK AGAIN (Korean ver.)


●通常盤
品番: UICY-5134
価格: 税込 1,000円(税抜価格 926円)
【収録曲】
1 U (Japanese ver.)
2 BACK AGAIN (Japanese ver.)



◆KNK(クナクン)ジャパンオフィシャルファンミーティング Vol.1 開催決定!
【大阪公演】2017年10月27日(金)
会場 : ZEPPなんば大阪(全席指定)
【神奈川公演】2017年10月29日(日)
 会場 :川崎市教育文化会館(全指定席)
詳細はKNK JAPAN OFFICIAL SITE:http://knkjapan.com/



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10