(左から)オ・ヒジュン - チョン・インソン - パク・スンジュン - キム・ジフン - キム・ユジン

9月9日、久しぶりに朝から好天に恵まれた東京で、韓国出身のK-POPアイドル、KNK(クナクン)が日本デビューを記念したイベントを、東京・お台場ビーナスフォート1階のパレットプラザで行った。


本番前にステージ上で行われた公開リハーサルでは日本語の歌詞を間違えるという可愛い場面もあったが、本番では得意のダンス・パフォーマンスも含めて、完璧なステージで集まった約1,500人のファンを魅了した。





メンバーは全員、白を基調としながらも、ロングスリーブのTシャツやハーフコート、パーカーなど、5人それぞれが個性あふれるモード系のファッションに身を包み、ステージに登場。韓国での大ヒット曲「BACK AGAIN」「U」の2曲を日本語バージョンで初披露し、更に果敢にも日本語でのMCでファンに可愛いキャラクターをアピールした。


また当初のパフォーマンスは「BACK AGAIN」「U」2曲だけの予定だったが、インソンとユジンが平井堅の「瞳を閉じて」を、またインソンとユジンとヒジョンの3人が東方神起の「LOVE IN THE ICE」をそれぞれ1コーラスだけ日本語で披露。思わぬサプライズな歌のプレゼンとは、彼らの歌唱力の高さを改めて強く印象つけた。



(メンバーの主な日本語のMC)
オ・ヒジョン  日本でのデビューが決まって、とってもとっても好き気分です。
キム・ユジン  今日は本当に、こんにちは。有り難う。もうすぐデビューなので。もっと会いたいです。
キム・ジフン  みなさん、こんなに来てくれて有り難うございます。これからも会いましょう。待っててください。
パク・スンジュン 今日は有り難うございます。10月11日にはデビュー・シングル「U」と「BACK AGAIN」を出します。ステージに来てください。
チョン・インソン 幸せ!愛してる!


(左から)キム・ユジン - キム・ジフン - パク・スンジュン - チョン・インソン - オ・ヒジュン



◎リリース情報
 日本デビュー・シングル「U」 /「BACK  AGAIN」 
発売日:2017年10月11日


[初回限定盤A] CD + DVD 価格:¥2,500 (税込) 品番:UICY-96001
[初回限定盤B] CD+ミニ写真集 価格:¥2,000 (税込) 品番:UICY-96002
[通常盤]  CD  価格:\1,000 (税込) 品番:UICY-5134
発売元:ユニバーサル ミュージック



◎KNK JAPAN OFFICIAL FANCLUB情報
「KNK JAPAN OFFICIAL FANCLUB」は、会員限定情報をはじめ、動画や写真などのコンテンツのほか、チケットを絶賛発売中です。
ファン限定イベントなどの特典も満載です。
詳細:http://knkjapan.com/



◎KNK(クナクン)プロフィール
キム・ユジン   (1993年02月10日生まれ 24歳)
パク・スンジュン  (1993年10月28日生まれ 23歳)
チョン・インソン  (1994年07月01日生まれ 23歳)
キム・ジフン   (1995年02月20日生まれ 22歳)  
オ・ヒジュン  (1996年05月08日生まれ 21歳) の5人組。


グループ名の"KNK(クナクン)"とは、韓国語の"大きな"という言葉でもあり、"大きな人になれ"という意味と、"KーpopkNocK(K-POPノック)"(自分たちの音楽でK-POPの扉にノックするという意味)という意味合いをかけた造語。
本国の韓国では2016年3月にシングル「KNOCK」でCDデビュー。デビュー・シングルにバラード曲を選び、ルックスとスタイルのよさに加えて、抜群の歌唱力で韓国内で大きな注目を集め、その後、セカンド・シングル「BACK AGAIN」、サード・シングル「U」というダンサブルな2曲を大ヒットさせ、日本でも人気沸騰。


●上記のメンバー5人は、それぞれ韓国の大手芸能事務所での練習生を経て、韓国では2016年3月にKNKとしてCDデビュー。
メンバーのキム・ユジンは、日本でも大人気のK-POPの人気グループ“B.A.P”、パク・スンジュンは“防弾少年団”のメンバーと練習生同期。
防弾少年団やB.A.Pのメンバーと一緒に練習生としての下積み時代を経験しています。
 
●グループ名の“KNK(クナクン)”とは、韓国語の“大きな”という言葉でもあり、“大きな人になれ”という
意味と、“KーpopkNocK(K-POPノック)”(自分たちの音楽でK-POPの扉にノックするという意味)という意味合いをかけた造語。
 
●本国の韓国では2016年3月にシングル「KNOCK」でCDデビュー。デビュー・シングルにバラード曲を選
び、ルックスとスタイルのよさに加えて、抜群の歌唱力で韓国内で大きな注目を集め、その後、セカンド・シングル「BACK AGAIN」、サード・シングル「U」というダンサブルな2曲を大ヒットさせ、日本でも人気沸騰。昨年9月のZepp札幌(2回公演)、19日(月)にZepp DiverCity Tokyo(2回公演)で開催されたK-POPイベント“GFSC Charity Campaign K-POP秋の音楽祭♪”のメイン・アクトとして出演するため、初来日して以降、今年1月の千葉・市川市文化会館(2回公演)、4月の大阪・UMEDA AKASO、東京・ディファ有明(2回公演)と、すでに過去3回の来日公演を実現。日本デビュー前に、早くも1万5千人以上の観客を動員しており、今年8月には早くも4度目の来日公演を発表。
 
●韓国でのCDデビューから1年で、今年4月には韓国ソウル(4/8)公演を皮切りに、大阪(4/13)、東京(4/15)、台
湾(4/22)を回る初のアジア・ツアーが実現。今年6月には米国ニューヨークで開催された韓流イベント“KCON” (6/23、24)、7月には英国ロンドン公演で開催された“FEEL KOREA IN LONDON”(7/8)にも出演し、ダイナミックな歌とダンスで、ニューヨークとロンドンでも大きな注目を集めています。
 
●今年10月11日に日本デビュー・シングルを発売。
「U」と「BACK AGAIN」というKNKの2大ヒットの日本語ヴァージョンを収録。


公式HP:http://knkjapan.com/  

www.universal-music.co.jp/knk/



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10