YGエンターテイメント


BIGBANGのSOLがロサンゼルス公演で米ツアーの最後を飾った。

 
SOLは12日(現地時間)、米・ロサンゼルス「THE WILTERN」会場に上がってファンと一緒に情熱な公演を披露した。これで、ニューヨーク、シカゴ、アトランタ、ダラス、サンノゼに続き、最後のロサンゼルスまで6つの都市で開催された米ツアーのピリオドを打った。


『RINGA LINGA』で幕を開けたSOLはメガヒット曲の『ONLY LOOK AT ME』『I NEED A GIRL』『1AM』『目、鼻、口』を熱唱し、会場を盛り上げた。また、今回のワールドツアー「WHITE NIGHT」と同名の名前を持つSOLのニューソロアルバムの収録曲を全曲披露。『WAKE ME UP』『NAKED』などのステージは新曲にもかかわらず、客席からはアツい反響をみせ、SOLのグローバルな人気を実感させられた。


SOLは「今までのツアーの中で最もタイトなスケジュールだったので、体力的には大変だったけど、あまりにも貴重で忘れられない思い出を持つようになった」とし、「こんなに遠くで僕を待ってくれたファンに本当に感謝する。一日も早く再会できる場を設けたい」と米ツアーを締めくくる感想を伝えた。


YGエンターテイメント

 
米ツアーを成功的に終えたSOLは、14日と15日(現地時間)、カナダ・バンクーバーでワールドツアーのステージを続けていく。


THE FACT JAPAN

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10