BIGBANGの"G-DRAGON (ジードラゴン)"、ソロドームツアーラスト東京ドームはBIGBANGメンバー V.Iがサプライズ出演!!大盛況にて閉幕!!


世界29都市36公演、総動員数約65万4千人という破格のスケールで自身2度目となるソロワールドツアーを開催中の、BIGBANGのリーダー・G-DRAGON (ジードラゴン)。

本日20日(水)、そのワールドツアー日本公演【G-DRAGON 2017 WORLD TOUR IN JAPAN】のツアーファイナルとなる”東京ドーム”公演を行い、今回のワールドツアーの中でも最大規模となった全3都市5公演 (8月19日福岡 ヤフオク!ドーム、8月22・23日京セラドーム大阪、9月19・20日東京ドーム)で26万人を動員したジャパンドームツアーを締めくくった。


コンサートタイトルである「M.O.T.T.E」は「MOMENT OF TRUTH THE END」の略字で、真実の瞬間、真実そのものを意味。アーティストG-DRAGON、30歳のクォン・ジヨンの人生の第3幕に対するストーリーを盛り込んでおり、成功がもたらした派手な人生とその裏に隠れた孤独と苦悩、G-DRAGONの真実の姿を表現するステージは、ソロ初期の代表曲「HEARTBREAKER」でド派手な幕開け。アジアという枠を超え、いまや世界の音楽シーンやカルチャートレンドをけん引する存在と言っても過言ではない彼の登場で、東京ドームに集まった超満員の観客は一気にヒートアップ。 「ONE OF A KIND」・「WHO YOU?」・「CRAYON」といった代表曲に加え、6月に本国リリースされ全世界40ヶ国のiTunesで1位を獲得した最新ソロ作『KWON JI YONG』から「Untitled, 2014」ほか収録曲を惜しみなく披露し、5万5千人が掲げる黄色と赤のBIGBANGペンライトに埋め尽くされたドーム会場を揺らし続けた。


またライブ終盤のMCでは「今回アルバムのタイトルは本名"クォン・ジヨン"です。このアルバムではG-DRAGONではなく、一人の人間、普通な人間、とにかくクォン・ジヨンについて語りたかったんです。正直、とても大変でした。そして、心配でした。でも、ステージに立ち、皆さんの前で歌っていると、その気持ちはなくなり幸せで胸がいっぱいになります。これは、小さく見えても、僕にとっては凄く大きく、何より意味のあることです。ステージの上でファンの皆さんに会って、一緒に居られるこの時間は、とても大切で深い意味があります。このような素敵な時間を作って下さって、本当にありがとうございます。」と詰めかけたファンに感謝を告げた。


アンコールでは、BIGBANGメンバーのV.Iがジャパンツアー初のサプライズゲストとして参戦。ファンはまさかのサプライズに一時騒然、「G-DRAGONさん、ドームツアー最終日おめでとうございます!」という祝福の言葉にボルテージは一気に最高潮に。V.Iと共に「ピタカゲ (CROOKED)」からBIGBANGメドレーに突入し「BAE BAE」「BANG BANG BANG」「GOOD BOY」と続き、メドレーラストの「FANTASTIC BABY」では全員が合唱し、会場はこの日最高潮の盛り上がりを見せた。これまでのワールドツアーで世界各国のオーディエンスをロックしてきたその世界基準のパフォーマンスは、終始会場を熱狂させ、ソロアーティスト”G-DRAGON”だからこそ成しえる唯一無二のステージングで約一か月間全国3都市5公演のドームツアーを駆け抜けた。


なお、G-DRAGONは11月1日(水)にジャパンニューミニアルバム『KWON JI YONG』をリリース予定。約4年ぶりとなるこのG-DRAGON最新ソロ作『KWON JI YONG』は、前述のとおり、6月に本国リリースされるやいなや日本はもちろんアメリカをはじめとする全世界40ヶ国のiTunesで1位を獲得したモンスターアルバム。G-DRAGONの本名"KWON JI YONG (クォン・ジヨン)"と冠された本作がついに満を持しての日本国内盤リリースとなる。【CD+2DVD+スマプラミュージック&ムービー】、【CD+スマプラミュージック】、【PLAYBUTTON】の3形態で発売となる国内盤の収録内容は、後日オフィシャルHP等で発表されるとのことなのでファンは要注目だ。


さらにBIGBANGとしては、11月より"海外アーティスト史上初の5年連続日本ドームツアー"【BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE-】を開催する。本ツアーにあたりG-DRAGONは「11月からBIGBANGとしてのジャパンドームツアーを開始しますが、それを終えるとしばらく長いブランクに入ります。悔いの無いように素晴らしいパフォーマンスをたくさん、皆さんにお見せしたいと思いますので、どうぞ期待していてください。」というコメントを寄せている。「LAST DANCE」という意味深いタイトルが銘打たれた本ツアーは、上述するコメントにあるようにG-DRAGON含めたメンバー4人が、来年早々にも入隊が見込まれているなか、BIGBANGとして入隊前最後のツアーとも囁かれており、今後の動向に注目が集まっている。


【BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE-】は11月18日(土)・19日(日)福岡 ヤフオク!ドーム公演を皮切りに、11月23日(木)・24日(金)・25日(土)京セラドーム大阪、12月2日(土)・3日(日)ナゴヤドーム、12月6日(水)・7日(木)・13日(水)東京ドーム、12月21日(木)・22日(金)・23日(土)京セラドーム大阪の全4都市13公演、総動員数は64万6,000人という規模での開催が予定されている。






■G-DRAGONジャパンニューミニアルバム情報

G-DRAGON (from BIGBANG)

Japan New Mini Album

『KWON JI YONG』

2017.11.1 on sale


【CD+2DVD+スマプラミュージック&ムービー】

AVCY-58560/B~C  8,000円(税抜)

【CD+スマプラミュージック】

AVCY-58561  1,900円(税抜)

【PLAYBUTTON】

AVZY-58562  2,400円(税抜)


収録内容

【CD】未定

【DVD】未定


■G-DRAGON配信リリース情報

G-DRAGON (from BIGBANG)

「KWON JI YONG -KR EDITION-」

2017.06.09 Digital Release IN JAPAN!


M1. INTRO: KWON JI YONG (Middle Fingers-Up) -KR Ver.-

M2. BULLSHIT -KR Ver.-

M3. SUPER STAR -KR Ver.-

M4. Untitled, 2014 -KR Ver.-

M5. OUTRO: Divina Commedia -KR Ver.-


【iTunes】

https://itunes.apple.com/jp/album/id1246061639?app=itunes&ls=1


■BIGBANGドームツアー情報

海外アーティスト史上初の5年連続ドームツアー開催決定!!

【BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE-】

11月18日(土)  福岡 ヤフオク!ドーム   開場15:00/開演17:00

11月19日(日)  福岡 ヤフオク!ドーム   開場15:00/開演17:00

11月23日(木)  京セラドーム大阪      開場16:00/開演18:00

11月24日(金)  京セラドーム大阪      開場16:00/開演18:00

11月25日(土)  京セラドーム大阪      開場13:00/開演15:00

12月02日(土)  ナゴヤドーム          開場16:00/開演18:00

12月03日(日)  ナゴヤドーム          開場13:00/開演15:00

12月06日(水)  東京ドーム            開場16:00/開演18:00

12月07日(木)  東京ドーム            開場16:00/開演18:00

12月13日(水)  東京ドーム            開場16:00/開演18:00

12月21日(木)  京セラドーム大阪      開場16:00/開演18:00

12月22日(金)  京セラドーム大阪      開場16:00/開演18:00

12月23日(土)  京セラドーム大阪      開場16:00/開演18:00


チケット料金    

席 種:指定席¥12,000(税抜) ※来場者プレゼント付き(当日お渡しのみ)  

年齢制限:3歳以上よりチケット必要 3歳未満は入場不可

(出演予定はG-DRAGON, SOL, D-LITE, V.I の4名となります)


■BIGBANG OFFICIAL HOME PAGE

http://ygex.jp/bigbang/


■BIGBANG OFFICIAL FANCLUB [VIP JAPAN]

https://vip.fc.avex.jp/


■BIGBANG OFFICIAL MOBILE SITE [BIGBANG☆WORLD]

http://bigbang-world.com/



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10