2審で無罪を宣告された後、記者会見に出席するA氏。


JYJのユチョン側が、虚偽告訴などで起訴されたA氏の2審判決を不服とし、最高裁へ控訴することを予告した。


ユチョン側は21日、マスコミに「虚偽告訴容疑のA氏に対する無罪判決はとても不当だ。最高裁の正しい判決を期待する」と立場をコメントした。また、「今後、ネットなどで行われるユチョンへの無分別な主張やデマにも強力に法的対応する予定だ」と付け加えた。


一方、A氏は2015年12月、自身が働いていたソウル・江南の某風俗店内のトイレでユチョンから性的暴行を加えられたとし、その翌年、ユチョンを相手に告訴状を提出した。しかし捜査に出した検察は、A氏が合意下で性関係を持ったにもかかわらずユチョンを告訴をしたとし、虚偽告訴の容疑でA氏を起訴。ユチョンの容疑については不起訴とした。A氏の1審では陪審員全員一致で検察の起訴を棄却。2審でも無罪判決が言い渡された。


THE FACT JAPAN

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10