BIGBANGの G-DRAGONがイギリスのロンドンとバーミンガムを熱く盛り上げながら、初の欧州ツアーの幕を華麗に開いた。|YGエンターテイメント


BIGBANGの G-DRAGONがイギリスのロンドンとバーミンガムを熱く盛り上げながら、初の欧州ツアーの幕を華麗に開いた。

 
G-DRAGONは23日と24日(現地時間)、バーミンガムの“GENTING ARENA”とロンドンの“THE SSE ARENA、WEMBLEY”で情熱あふれる舞台を繰り広げた。

G-DRAGONは2012-2013年に開催したBIGBANGの初ワールドツアー「BIGBANG ALIVE GALAXY TOUR 2012」を通じてロンドンで公演をしたことはあるが、ソロとしては初めてで、会場はこれまで以上に熱い熱気で埋め尽くされた。特に「THE SSE ARENA、WEMBLEY」は、ビートルズ、アバ、ビヨンセなど世界的なアーティストたちがコンサートを開いた象徴的な場所。K-POPアーティストの中には、2012年にBIGBANGが同場所で追加公演まで完売させ、大きな成功を収めた。
 

オープニング曲の『HEARTBREAKER』から客席を熱狂させたG-DRAGONは、『ミチGO』、『ONE OF A KIND』、『CRAYON』、『無題』などを熱唱。ヒップホップから感性ボーカルまで多様な魅力を発散し、観客を魅了した。アンコール曲『無題』のステージでは、6月にリリースされた新曲にもかかわらず、欧州の音楽ファンが一緒に合唱する珍しい風景がみられ、国境を越えたG-DRAGONの世界的な人気をもう一度実感させられた。



YGエンターテイメント

ソロとして初の欧州ツアーをスタートしたG-DRAGONは、「今回の公演は絶対に忘れられない。どこに行っても忘れない」と格別な愛情を示した。

イギリスでの公演を終えたG-DRAGONは、オランダ・アムステルダム、フランス・パリ、ドイツ・ベルリンで欧州ツアーを続けていく予定だ。


THE FACT JAPAN

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10