ヒョンビンとユ・へジンが共演し韓国で781万人の観客を動員した映画「共助」の日本公開が決定した。


ヒョンビンとユ・へジンが共演し韓国で781万人の観客を動員した映画「共助」の日本公開が決定した。


映画.comによると、映画「共助」は「コンフィデンシャル 共助」という邦題で来年2月に東京・TOHOシネマズ新宿を皮切りに全国公開される。
今年1月18日に韓国で公開された「共助」は、韓国に忍び込んだ脱北犯罪組織を捕まえるために、北朝鮮の刑事と韓国の刑事が極秘裏に共助捜査に乗り出す物語を描いた作品。韓国では累積観客数781万人を突破し、今年上半期最高興行作品となった。


また、今年7月にカナダ・モントリオールで開催された第21回ファンタジア国際映画祭では“最高アクション映画賞”を受賞した。映画祭側は「素晴らしいアクションと息の合った演技から目が離せなかった。また、楽しくて面白いシナリオで魅了し、他の映画よりも優位に立った」と授賞した理由を説明。日本でもヒョンビンのスタイリッシュなアクションに期待が高まっている。


THE FACT JAPAN

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10