歌手兼俳優のソ・イングクが軍免除について心境を明らかにした。


歌手兼俳優のソ・イングクが軍免除について心境を明らかにした。


ソ・イングクは4日、自身のファンサイトに軍免除と疑惑と関連する文を掲載した。
ソ・イングクは今年3月に入隊したものの、訓練所で実施された身体検査で“左足首の距骨(くるぶし)の骨軟骨病変”と診断され、入所してから3日だけで軍から帰宅措置を命じられた。その後の精密検査でも同じ診断が下され、事実上の兵役免除となる5級判定を受けた。当時、一部では、“自身の病を知っていたにも関わらずわざと治療せずに放置して入隊したのでは”、“軍免除を受けるための行為ではないのか”という疑惑を提起した。


ソ・イングクは「入隊延期申請をした。仕事への欲もあったが、痛かったところの手術を勧められていて、痛みを緩和する治療を並行しておこなっていた。しかし、軍役を履行したいという気持ちで入隊延期を申請したものの再検査の申請はしていなかった。入隊の時にも(私自身の病と関連して)いかなる資料も持参して行かなかった」と疑惑を否定した。

また、「この問題によって、私が軍隊から出ることになるとは全く想像もしなかった。明らかに私の誤りだと思う。俳優、そして歌手として堂々と現役兵として入隊し、国防の義務を果たしたかった。(5級判定の)結果が出た後も病院側に軍に残りたいと要請し続けた」と説明した。


4ヶ月が過ぎた今になって軍免除のことを話す理由について、「これまで言いたいことは多かったが、私がファンの方々にこのように申し上げることがすべて言い訳のようで 窮屈な言い訳に見えるかと思って怖かった。多くの方が疑っていることを見て私も驚いたが、そのように考えることもありかもしれないと思ったりもした」とし「しかし、私の立場と異なる話が広まっているのを見て、私を大切にし応援してくださるファンの方々の心を苦しませることになると思って、真実を必ず伝えなければならないと思った」と明らかにした。


THE FACT JAPAN

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10