©YG ENTERTAINMENT


G-DRAGONのソロワールドツアー「ACT III, M.O.T.T.E」が、盛況のうちに終了した。
6月のソウル公演を皮切りに、アメリカ、日本、イギリスなどで行われ、今月8日、台湾・台北公演を最後に世界29都市の観客を熱狂させた。


©YG ENTERTAINMENT


©YG ENTERTAINMENT


7~8日、台北のTWTC NANGANG EXHIBITION CENTERにて行われた台湾公演は、2万2千席の全席が売り切れとなり、華麗なフィナーレを迎えた。
G-DRAGONは「HEARTBREAKER」「BLACK」「WHO YOU?」から新曲の「SUPERSTAR」「BULLSHIT」まで全20曲を熱唱し、場内を大いに盛り上げた。さらにこの日は、ソウル公演に出演したIUがもう一度ゲストとして登場し、「Palette」「Missing you」を披露した。
そしてMCでG-DRAGONは、「ツアーの最後の公演です。公演だけではなく“クォン・ジヨン”の人生を作ってくれたみなさんに、本当に感謝しています」とコメント。およそ5ヶ月におよんだワールドツアーを締めくくる感想を話した。


今回のツアーは、G-DRAGONにとって深い意味を持つ。初めてのソロワールドツアー「ONE OF A KIND」以来、4年ぶりに臨んだワールドツアーであり、世界的なアーティストとして成長したG-DRAGONの位相を証明してみせた。ポップの本場、アメリカのロサンゼルスでは全席完売を記録し、米ビルボード、VOGUEなどの現地メディアは北米ソロツアーを集中報道した。また、ソロとしては初めてヨーロッパツアーに挑み、世界的な人気を実感させた。


一方、ワールドツアーを成功的に終えたG-DRAGONは、メンバーと合流し11月18日から日本で海外アーティスト史上初の5年連続ドームツアーになる「BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE-」をスタートする。


THE FACT JAPAN



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10