写真:ヒチョルのインスタグラム


グループのニューアルバム発表を控えているSUPER JUNIORのメンバー・ヒチョルが、11年前に遭った交通事故による怪我について語った。


17日、ヒチョルはSNSに以下のような書き込みを掲載した。


「まずSNSに意味深長な言葉は残さないと約束したメンバーたちに、申し訳ない気持ちで文章を書きます。ご存知のように僕は11年前の交通事故で左足をまともに使えない状態です。それでもこれまで楽しく活動してきて、いくら痛くても笑いながらやりました。ところが、だいぶ年月が経ったからなのか…僕もだいぶ怖くなってきました。この間『*人生酒場』(*バラエティ番組名)で話しましたように、足首の痛みがひどくなることが頻繁にありました。たまに周りから冗談で“え~10年も経ってるなら完治してるでしょう~”“踊るのが嫌だからフェイクじゃないの?”と言われても、作り笑いで飛ばしました。
僕はデビューした頃からバラエティ番組に出て、考えてみるとバラエティをやりながら順調で、幸せな人生を送っているから…いつも笑いを与えて、平気な姿をお見せしなきゃならないと思っていたからです…。だけど…人というのは“自分は大丈夫だ”、“治るだろう”とマインドコントロールしてみても、体がついてきてくれなければ、前向きな考えとは反比例してさらに痛みを感じるようになりました。
結論は、僕たちSUPER JUNIORは、11月6日にカムバックします。久しぶりのカムバックなのでメンバーやファンのみなさんはウキウキしているし、僕もウキウキしています。ところが、恐らく僕は、正常的な活動ができなさそうです。
長い間待ってくださったファンの方々、メンバーに改めて申し訳ない気持ちを伝えますが…自信がありません…いつも心の中ではこんなことを考えていた僕としては、今、メンバーやファンの方々に面目がありません。
“僕はバラエティで一生懸命に宣伝しなきゃ!”という言い訳で理解させ、許していただけるなら、さらに感謝する気持ちで笑い、リハビリを受け、力を出すようにします。
僕の勝手な気持ちで書いた長い文章を読まれて、もしかしたら不快に思われるかもしれないファンの方にはお詫びを申し上げながら、この文章を終わります。
みなさん、風邪に気をつけて、いくら面倒でも車にお乗りになる時にはシートベルトをしめてください。ありがとうございます」


この書き込みをみたファンからは
「あの時、大怪我したんだよね…無理しないようにね」
「兵役も務めなくてよかったのに、いってきたんだもんね」
「ヒチョルを悪く言わないでほしい」
「交通事故は後遺症が怖いから」
「きっとトラウマになってるよ。がんばってヒチョル」
「応援してます。ヒニム!」
など、応援の声が寄せられている。


一方で、今回のカムバック活動にヒチョルは参加しない可能性が提起され、懸念の声が広まると、Label SJ側は18日、ヒチョルがSUPER JUNIORの活動に「予定通り参加する」とコメント。「カムバックを控えながら、足の痛みで不安になっていたため書いた文章だが、違うの意味で解釈された模様」と立場を伝えた。


THE FACT JAPAN



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10