©SBS


デジタルアドベンチャーは、自社テレビ局「KNTV」において、ソ・ヒョンジン&ヤン・セジョン&キム・ジェウク共演のラブロマンス『愛の温度』(原題)を12月21日(木)第1話先行放送、2018年1月より本放送することを決定しました。


『愛の温度』(原題)は現在韓国で同時間帯視聴率1位をキープしながら絶賛放送中の最新作。
『また!?オ・ヘヨン』の大ヒットで新たなラブコメクイーンとなったソ・ヒョンジンの最新主演作として注目を集めています。相手役を務めるのは『師任堂(サイムダン)、色の日記』で新人とは思えない演技力で鮮烈なデビューを飾ったヤン・セジョン。ちょっぴり生意気ながら、ヒロインにストレートに想いを伝える年下男子っぷりに胸キュンする女性続出中!『浪漫ドクターキム・サブ』でも共演した2人が今作では、恋に落ち、戸惑い、傷つきながら成長していく男女の姿をしっとりと描いています。『ボイス~112の奇跡~』での怪演が記憶に新しいキム・ジェウクが片思いと知りつつヒロインを見守る実業家に扮し、その紳士っぷりも韓国中の女性を熱狂させています。


また12月は日本の同名ドラマをリメイクした『最後から二番目の恋』(原題)の第1話先行放送もお届け。変わらぬ美貌を誇るキム・ヒエが40代女性の恋と人生をコミカルかつロマンティックに描きます。チ・ジニ演じる、一見とっつきにくいものの実は心優しい同年代男性とクァク・シヤン扮するピュアな年下青年、ヒロインが最後に選ぶのは!?


さらに12月はユ・ゴン3年ぶりのドラマ復帰作『甘い敵』(原題)の日本初放送もスタート!12月も盛りだくさんのラインナップをお贈りします。


©SBS


『愛の温度』(原題)
放送日時:12月21日(木)午後10:05~11:15 第1話先行放送
2018年1月日本初放送スタート
話数/クレジット:全20話予定 ⓒSBS
出演者:ソ・ヒョンジン、ヤン・セジョン、キム・ジェウク、チョ・ボアほか
製作陣 演出:ナム・ゴン(『テバク~運命の瞬間~』)
脚本:ハ・ミョンヒ(『ドクターズ~恋する気持ち』)
【あらすじ】
料理番組に出演するスターシェフのジョンソン(ヤン・セジョン)。番組の収録中に突然、脚本家のヒョンス(ソ・ヒョンジン)が現れ、監督と喧嘩になる。そんなヒョンスをジョンソンは庇うが、彼の姿を見て驚くヒョンス。実は彼はヒョンスの初恋相手だった……。遡ること5年前、29歳のヒョンスは安月給で苦しい生活を送りながらも、脚本家デビューできる日を夢見ていた。ある日ランニング同好会で初めて出会った年下の青年ジョンソンと走っている途中、雨に降られてしまう。雨宿りすることになったヒョンスとジョンソンだが、ヒョンスはタメ口で話すジョンソンの態度が気に入らない。そんな時、ジョンソンは突然「付き合いませんか」と告白する。ジョンソンの強気な態度にプライドが傷ついたヒョンスは彼の告白を断る。数日後、脚本公募に落ちたヒョンスはドラマに投資している実業家のジョンウ(キム・ジェウク)からアシスタントとしてスカウトされるが誘いを断る。気丈に振る舞いながらも内心落ち込むヒョンスをジョンソンは公園に連れ出す。ジョンソンの笑顔を見て次第に自分の心が揺れ動くのに気づくヒョンスだが……。


『「愛の温度(原題)」放送直前スペシャル』
放送日時:12月20日(水)午後10:05~10:40
話数/クレジット:全1回 ⓒSBS
出演者:ソ・ヒョンジン、ヤン・セジョン、キム・ジェウク、チョ・ボアほか
【見どころ】
『愛の温度』(原題)日本初放送を記念して、12月21日の第1話先行放送前夜に
はスペシャルナビ番組を放送。豪華出演陣が勢ぞろいした制作発表会の様子や
個性豊かなキャラクターたちの魅力にぐぐっと迫る!和やかな雰囲気に包まれた
インタビューもお届け。一足先にドラマの世界観をお楽しみに!


©SBS


『最後から二番目の恋』(原題)
放送日時
12月16日(土)午後10:00~11:15
第1話先行放送
2018年1月日本初放送スタート
話数/クレジット: 全20話 ©SBS
出演者:チ・ジニ、キム・ヒエ、クァク・シヤンほか
製作陣 演出:チェ・ヨンフン(『上流社会』『蒼のピアニスト』)
脚本:チェ・ユンジョン(『私に嘘をついてみて』)
【あらすじ】
テレビ局でドラマプロデューサーとして活躍する46歳のミンジュ(キム・ヒエ)。恋人はいないものの数々のヒット作を生み出し仕事は順調、シングルライフを謳歌していた。ある時ドラマ撮影中にトラブルに巻き込まれたミンジュは公務員のサンシク(チ・ジニ)に助けられる。だが、怖いもの知らずなミンジュと現実的なサンシクは正反対の性格で大喧嘩となる。その後、引越しをすることになるミンジュだが、越した先の隣の家の住人はなんとあの時のサンシクだった!いがみあうミンジュとサンシク、そんな中隣家の1階でヒーリングカフェを営むジュヌ(クァク・シヤン)はミンジュに想いを寄せるようになる。



©SBS


『甘い敵』(原題)
放送日時:12月18日(月)日本初放送スタート
毎週(月~金)午後7:15~8:00ほか
話数/クレジット:全120話予定 ©SBS
出演者:パク・ウネ、パク・テイン、ユ・ゴン、イ・ボヒほか
製作陣 演出:イ・ヒョンジク(『果てしない愛』)
脚本:ペク・ヨンスク(『百年の花嫁』)
【あらすじ】
恋人を支え続けてきたダルニム(パク・ウネ)は、彼が弁護士になり、いよいよ結婚へと期待をふくらませている。一方、大手食品会社の御曹司ソノ(ユ・ゴン)は、ジェヒ(チェ・ジャヘ)との結婚を控えていた。ところが、ソノに想いを寄せるセナ(パク・テイン)はそれを許せず、ジェヒを死に追いやってしまう。そしてジェヒと争いごとを起こしていたダルニムに罪を着せる。ダルニムの優しさを知るジェウク(イ・ジェウ)は彼女を信じるが、ソノは憎しみを抱き続け……。



KNTVホームページ https://knda.tv/kntv/



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10