C-JeS


JYJのジェジュンがアジアファンミーティングツアーをスタートした。


所属事務所のC-JeSエンターテイメントは30日、「ジェジュンが29日、ソウル・慶煕(キョンヒ)大学校の平和の殿堂で開催したアジアファンミーティングツアー『2017 KIM JAE JOONG ASIA TOUR FANMEETING in SEOUL』の公演が大盛況に終わった。公演の初めから最後まで、ファンのために用意された4時間の間、ジェジュンは10年以上の時間を一緒にしてきたファンさえ知らなかった魅力を惜しみなく展開し、観客を魅了した」と伝えた。
 

今回のファンミーティングは公演開始前からジェジュンの思いやりが注目を集めた。ジェジュンは今回の公演の“ドレスコード”を「ハロウィーン」に決めた後、衣装などのことで心配するファンのために“扮装ブース”を設けた。ブースの中に準備したハロウィーン・グッズはジェジュンが自腹で用意したもの。ファンたちも自由にコスプレしみながらハロウィーンを楽しんだ。また、ファンミーティング前には特別なサイン会を開催しファンを喜ばせたり、マリオのぬいぐるみをこっそり着て、ファンミーティングを待っているファンと一緒に写真を撮ったりするなど様々なサプライズイベントを用意し、ファンを感動させた。


C-JeS

「こんにちは。ジェジュンです。今日は、アジアファンミーティングツアーの初公演ですが、多くの方が来てくださいましてありがとうございます。今日は楽しく遊びましょう」とあいさつを渡したジェジュンは、最初のコーナーとして「ハロウィーン衣装」で来場した多様な姿のファンを紹介した。軍服の衣装に帽子をかぶったまま会場を訪れた男性ファンから、キョンシーやお化けなどに扮したファンもいたが、ジェジュンは直接中継カメラを手に持って客席のあちこちに回って異色のコスプレをしたファンをインタビューする積極的な姿をみせ、会場の雰囲気を盛り上げた。


ジェジュンがファンの質問に答える「真実ゲーム」コーナーでは罰則としてソンミの『Gashina』のダンスを踊り、ファンの歓声を浴びた。また、「ジェジュンの美食家」のコーナーでは絶対味覚を誇ったり、ファンのリクエスト曲を歌う「カラオケ」ではスイートで魅力的なボイスを披露し、客席を魅了した。
 ファンのためにミニコンサートを準備した。ジェジュンは『それ知ってる?』『また会うけど、また会うだろうけど』『Good Morning Night』『Run Away』など完璧なライブを披露し、会場の熱気はピークに達した。ファンのアンコール要請にジェジュンは「ファンミーティングでアンコールはないですよ。それはコンサートですよ」と言いながらも、『Now is good』まで歌ってくれた。


C-JeS


ジェジュンは「今日、皆さんと楽しむためにたくさんのことを準備しましたが、いかがでしたか。近くで皆さんの顔を見ながら質問も受けて、皆さんがご希望する罰則を実行することができるファンミーティング。本当にすごいと思いませんか」とし、「“うまくやらなくても、努力すればファンの皆さんがきっと喜んでくれるはず”と言われましたが、その言葉通りに努力しました。本当に良かったし、とても感謝します。より良い姿をお見せできるように頑張っていきます」と最後のあいさつを伝えた。
 

ソウルでのファンミーティングを盛況裏に終えたジェジュンは11月5日(日)、台湾で「2017 KIM JAE JOONG ASIA TOUR FANMEETING」を開く。


THE FACT JAPAN

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10