EXIDのソルジ |写真:BANANA CULTURE エンターテインメント


韓国の人気ガールズグループEXIDのメインボーカルを担うソルジが、今度のニューアルバム活動にも参加しないことになった。


所属事務所のBANANA CULTURE エンターテインメントは1日、以下のようなコメントを公式に発表した。


「BANANA CULTUREからの公式コメント」
EXIDのリーダーでメインボーカルのソルジが、11月7日に発売される4枚目のミニアルバム「Full Moon」のレコーディングとジャケット撮影には参加しましたが、今後の放送活動にはやむを得ず、参加しないことになりました。
ソルジは昨年末、 甲状腺機能亢進症と診断され、健康上の問題による活動を中止し、これまで休養を続けてまいりました。今回のアルバムは、本人の参加したい意志が強く、なるべく活動する方向で進行するつもりでしたが、健康状態は以前より好転しているものの、活動を再開する場合、体力的な限界と健康悪化の恐れがあるため、苦心の末、不参加と決定することになりました。
EXIDの完全体活動を楽しみにしていてくださったファンの皆様に、お詫び申し上げます。
完全体としての活動はお見せできませんが、ソルジは11月3日からEXIDの新曲活動が終わるまで、毎週「V LIVE」を通じてラジオ形態の「ソルジのボイス」にてファンの皆様とお会いする予定です。
何卒ご了承のほどよろしくお願いいたします。


「Full Moon」ティザーイメージ |写真:BANANA CULTURE エンターテインメント


EXIDは前作の「Eclipse」でソルジの不在を“月食”と表現し、今度のカムバックではソルジが参加することでアルバムのタイトルを“完全”を意味する「Full Moon」にしていた。


THE FACT JAPAN


  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10