女優のパク・スジンが最近ネット上で浮上した“インキュベーター問題”について立場を明かした。


女優のパク・スジンが最近ネット上で浮上した“インキュベーター問題”について立場を明かした。


パク・スジンは27日、自身のインスタグラムに「最近ネット上で提起されている問題について謝罪し、事実と違う歪曲された部分について正確な事実を申し上げるために書き込みます」と直接書いた手紙を公開した。
パク・スジンは昨年11月に第1子を出産したが、赤ちゃんは予定日より1ヵ月も早く生まれ、集中治療室のインキュベーターで治療を受けることになった。しかし、最近ネット上では、当時、パク・スジンのマネージャーが担当の看護師らにドーナツなどの差し入れを渡し、面会時間が限られた集中治療室を何回も自由に面会したという疑惑が提起された。


これについてパク・スジンは、「マネージャーの同行と食べ物の搬入に関する問題は、食べ物の搬入が可能な区域までしました。集中治療室の内部にマネージャーが同行したり、食べ物を搬入した事実はありません」と否定した。しかし、「昼夜を徹して苦労をする医療スタッフらに感謝の気持ちを伝えようとした行動でしたが、私の考えが甘かったと思います」とドーナツなどを看護師らにプレゼントしたことを謝罪した。
また、面会の際に両親が同行したことも認めた。パク・スジンは「初めての出産でしたし、(赤ちゃんが)少し早く生まれたので、判断力が鈍くなったと思います」とし「深く反省します。本当に申し訳ございません」と続けた。


ネット上では、パク・スジンが入院順番を割り込んで自身の子供のインキュベーターを確保したという疑惑も浮上した。この疑惑と関連しては「インキュベーターの入院順番と関するデマはまったく事実ではありません」と強く否定し、最後に「これからは二児の母親として、何事も模範になるように励みます。今この時間にも、世の中に少し早く生まれた赤ちゃんのそばを守っているすべてのご両親のために、一緒にお祈りします」とつづった。


パク・スジンのインスタグラム


THE FACT JAPAN



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10