写真:Content Y


ク・ハラの日本初となる単独ファンミーティングが無事終了した。


14日、1年8ヶ月ぶりに日本を訪問したハラは、東京・豊洲PITで日本初の単独ファンミーティング「KOO HARA Japan First Fanmeeting 2017 Winter Party ☆ハラハラドキドキ」を開催し、会場を埋め尽くした現地ファン1千3百人と特別な思い出を共有した。


同日のファンミーティングでは、これまで見られなかったハラのプライベートな姿が公開され注目を集めた。ファンミーティングを準備する練習映像からゴルフ、ネイルアートなどの趣味を楽しむ写真、これまで出演したバラエティでの写真などを公開し、率直なトークで和気あいあいとした雰囲気を醸し出した。また、ポラロイド写真を一緒に撮ったり、客席からの質問に積極的に答えたりするなどファンと一緒にする様々なコーナーを通じて観客と密接に触れ合う時間を持った。


写真:Content Y


写真:Content Y


さらにカリスマあふれるダンスとスイートな歌で久しぶりに“歌手ク・ハラ”の姿を披露し、熱い反響を呼んだ。今回のファンミーティングのために心血を注いで準備した振り付けを完璧に披露したのはもちろん、韓国ドラマOSTにリメイク版が収録されて大きな愛を受けた日本の名曲『雪の華』などを熱唱し、大きな拍手を受けた。


ク・ハラは直筆で書いた日本語の手紙を朗読し、ファンに感謝の気持ちを伝えた。ク・ハラは、「新たな出発をする時、辛かった点も多かったが、ファンの方々のたくさんの愛と応援が力になった」とし「待ってくださったファンの皆さんに、今後は私が力になりたい」と涙で約束した。またハラはファン1千3百人全員に直接チョコレートをプレゼントするスペシャルイベントを行い、最後までファンを感動させたという。


現在様々な番組に出演し韓国で活発に活動しているク・ハラは、今回のファンミーティングを機に日本でも活動の機会を増やしていく計画だ。


写真:Content Y


THE FACT JAPAN



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10