日本内のK-Food(韓食)をリードする趙善玉料理研究院がチェジュ航空(Jeju Air)で韓国地方の魅了を味わうツアーの第2弾を実施した。


趙善玉料理研究院はさる9月8日に韓国の代表的なLCCで愛敬グループ系列のチェジュ航空(代表取締役社長、Choi Kyunam)と韓国食文化の交流及び航空旅行の活性化のため業務協約を締結した。

韓国地方の魅了を味わうツアーの第1弾として10月に日本人の料理研究家約20人からなる訪問団を率いて南東部の慶尚北道・英陽郡主催の「飲食知味方体験アカデミー」や英陽郡と世界儒教文化財団の主催で開かれる「女中君子・張桂香文化祝典」にも参加した。そして、11月に東京で韓国の光州広域市が主催する100人規模のイベント「キムジャンキムチ体験」を成功させた趙善玉料理研究院は第2弾として日本人の訪問団を率いて12月11日~14日に光州広域市の月峯書院(オルボンショウォン)や5.18記念公園、そして松汀(ソンジョン)市場などを見学した。さらに参加者たちは金堤市のマンドゥ(餃子)会社の見学や趙善玉院長の実家でのキムジャンキムチ作りも体験した。


青森県から参加した白川恵子さんは「普段、見ることさえ出来ないところまで見学が出来、またいろんな地元の美味しい韓国料理まで食べられて、本当に真の韓国を味わった気がします」と感想を述べた。趙善玉院長は「予想した以上に韓国の地方に行って郷土料理や地方文化などを味わいたいという問合せも多くて、今回の参加者の方々の関心や熱意も高くて関係者たちが驚きました。来年にもチェジュ航空で韓国地方の魅了を味わうツアーの第3弾として済州島への訪問団など全国各地を回るつもりです」と意欲を見せた。






  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10