「第7回済州輸出人の日」及び「第54回貿易の日」の記念式が12月13日、道庁4階の耽羅ホールで開催された。

「第7回済州輸出人の日」及び「第54回貿易の日」の記念式が12月13日、道庁4階の耽羅ホールで開催された。

済州特別自治道と韓国貿易協会済州支部が主催した今回の行事は、ウォン・ヒーリョン道知事をはじめ、イー・チャンユン企業協議会長、ヒョン・クァンヒ輸出協会長、キム・ドギョン韓国貿易協会済州支部長、パン・チョンシク中小企業振興公団済州支部長、キム・ヤンソンKotra済州事務所長、カン・ウォンシン韓国農水産食品流通公社済州地域本部長、キム・チンソク経済通商振興院長、パク・キョンソク済州輸出支援センターチーム長など、輸出企業及び輸出関係機関から約100人の関係者が参席した。

特に当日の行事では、「第54回貿易の日」の政府褒章授与及び「第7回済州輸出人の日」の輸出有功企業(有功者)に対する褒章が行われ、注目を集めた。
「第54回貿易の日」を記念して行われた政府褒章では、5千万ドルを達成した㈱済州半導体(代表パク・ソンシク、チョ・ヒョンソップ)などの道内輸出企業5社が輸出塔を受賞。ア-トピギュー(代表オ・テヒョン)など2社が韓国貿易協会長表彰を受けた。また、済州特別自治道は広域自治団体中最優秀機関として選定され、大統領機関表彰を受けた。
「第7回済州輸出人の日」を記念する輸出有功企業褒章には済州柑橘農業協同組合が輸出大賞を受賞するなど輸出企業5社と有功者5人に対する表彰が行われた。これと伴に、新規輸出市場進出要領について日本事例を中心にした特講が行われ、輸出企業人間のコミュニケーション場となった。

済州特別自治道の元喜龍(ウォン・ヒーリョン)知事

ウォン・ヒーリョン知事は「厳しい経済与件の中でも済州地域の輸出額が1億2280万ドルと、昨年比21.2%増加(2017年10月基準)の実績を収めました」としながら、「輸出を通じ企業を育て、新たな雇用を創出する企業が済州により多くなるように▲中国・上海、日本・東京に海外通商事務所を開設しBuyerの発掘▲海外通商諮問官制(7カ国10人)の運営▲輸出振興会議運営▲海外Buyer招請及び輸出相談会開催▲海外支社化などで、持続的な企業支援を続けて行く」
という意思を明らかにした。

一方、済州自治道では輸出企業人の士気向上と輸出参加の雰囲気を広めるため、2011年から毎年12月第2水曜日を「済州輸出人の日」と定め、輸出優秀企業及び有功者を発掘・授賞している。                                         


済州経済通商振興院東京通商代表部の李美善(イ・ミソン)副所長。



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10