SUPER JUNIORのイトゥクがSHINeeの故ジョンヒョンさんを偲んだ。|イトゥクのインスタグラム


SUPER JUNIORのイトゥクがSHINeeの故ジョンヒョンさんを偲んだ。


イトゥクは25日、自身のインスタグラムに「誰も君のことをよく知っていると言えないし、君と親しくて全てを共有したと話すことができる人はいないだろう。一人の孤独が、怒りが、悲しみが…表現できなくて最後の選択をしたのか、残された人々に何を話しているのか、もっと時間をかけて考えようとしている。握ってほしいと差し出した手をぐいと握ってあげなくて、胸が痛い」と語った。


また、「送る前日に夢に出てきて、兄さんがもっと幸せになってほしいよと明るく笑って去った姿がまだ目に浮かびます。誰にでも試練や痛み、苦痛があると思いますが、その大きさは測ることができないし、自身が置かれた状況が最もつらくて厳しいと感じるものです。僕も酷いうつ病で、生きるより死んだほうが楽だと思ったことがあります。毎日が大変でしたし、軍隊では、そんな僕のことをただ茶番をしているように見て、そんな周りの視線がもっとつらかったでした。1年近くに厳しい時間を耐えましたが、こういう状況を経験したので、少しでも(感情の)解消ができる小さな逃げ口があったら少しは楽だったのに... 」とし、「クリスマスですのでクリスマスの奇跡という言葉がもっと深く響きます。これから私たちがより幸せに生きていくことが重要だなと思います。みんな、いつまでも、クリスマスのような特別な毎日を過ごすことを願います」と語った。


THE FACT JAPAN





  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10