2018年(社)在日忠清協会新年会で参加者が愛国家を斉唱している。


社団法人在日忠清協会は2018年1月13日(土)東京都新宿の京王プラザホテルで国内外に渡って活躍している忠清道出身の約200名を招待し「2018年度在日忠清協会 新年会」を行った。


新年会は在日忠清協会の柳箕桓(リュ・ギファン)会長をはじめ、在日本大韓民国民団の吳公太団長、忠清鄕友会中央会の金永秀(キム・ヨンス)総裁など約200人が出席した。新年会では韓国伝統の国楽とガールズグループラヴィースの公演で場の雰囲気を盛り上げ、後半では韓国コメディアンのイ・ボンウォン氏がステージで披露、会長の皆を笑させた。フィナーレは演歌の女王イ・ミザ氏の娘であるジョン・ジェウン氏が歌い会場を盛り上げた。


柳会長は「この新年会をきっかけに在日忠清協会の団結をより固め、今後も故郷の情を交わしつつ親睦を深められる団体に成長させたい」と語った。


李玉順実行委員長が挨拶をしている。


ガールズグループのLOVEACEが公演している


韓国のお笑い芸人のイ・ボンウォンが歌を歌っている。


忠清郷友会中央会の共同代表イ・ソンウ氏が祝辞を発表している。


2018年(社)在日忠清協会新年会団体記念撮影




  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10