『カネの花』(原題)|©2017-8MBC


株式会社デジタルアドベンチャー(本社:東京都港区、代表取締役:チェ・グァンヨン)は、自社テレビ局「KNTV」において、チャン・ヒョク主演『カネの花』(原題)、チョ・ジョンソク主演『トゥー・カップス』(原題)を3月より日本初放送することを決定した!


『カネの花』(原題)は現在韓国で同時間帯視聴率1位を記録しながら絶賛放送中の話題作。財閥を舞台に、権力争いと復讐、哀しい愛を描くラブサスペンス。チャン・ヒョクが出生の秘密を抱えた復讐に燃える男をカリスマ溢れる姿で熱演!おさえた演技でありながら内に秘めた想いをたぎらせる名場面の連続で年末の『2017 MBC演技大賞』では最優秀演技賞に輝いた。


またチョ・ジョンソク主演『トゥー・カップス』(原題)も3月より日本初放送スタート。チョ・ジョンソクが正義感の強い刑事と彼に憑依したチャラい詐欺師、一人二役に挑戦した笑って泣けるアクションラブコメディ。チョ・ジョンソクが『2017 MBC演技大賞』最優秀演技賞に輝いたほか、詐欺師役を好演した新鋭キム・ソンホが新人俳優賞を受賞、2人の抜群のケミストリーにも注目。


そのほか3月は個性派俳優パク・ヒョックォン主演のシットコム『超人ファミリー』、サイボーグママが奮闘するドタバタラブコメディ『ボーグマム』(原題)も日本初放送する。


話題の日本初放送ドラマがここまで盛りだくさんなのはKNTVだけ!


『カネの花』(原題)の出演者。左からチャン・ヒョク、パク・セヨン、イ・ミスク、チャン・スンジョ、|©2017-8MBC

『カネの花』(原題)
‐放送日時
3月17日(土)日本初放送スタート
毎週(土)午後8:50~11:15(2話連続)ほか
‐話数
全24話予定
‐出演者
チャン・ヒョク、パク・セヨン、チャン・スンジョ、イ・ミスクほか
‐製作陣
演出:キム・ヒウォン(『来た来た、マジで来た』)
脚本:イ・ミョンヒ(『オー・マイ・クムビ』)
‐あらすじ
孤児院で育ったピルジュ(チャン・ヒョク)が刑期を終えて出所する。実はピルジュは御曹司のブチョン(チャン・スンジョ)の代わりに服役していたのだった。頭脳明晰なピルジュに信頼をおくブチョンの母マルラン(イ・ミスク)は財閥一家で生き残るため、ピルジュを側近として引き入れる。服役中に父を亡くしたピルジュはマルラン一家への復讐を胸に誓いながら財閥一家に入りその機会を伺う。そんな折、一族から見くびられているブチョンの立場を強固なものにしようと、大統領候補の娘であるモヒョン(パク・セヨン)との結婚話が進む。だがモヒョンは幼い頃ピルジュの命を救った人物だった。モヒョンへの想いと復讐の間でピルジュの心は揺れ始める。


『トゥー・カップス』(原題)|©2017-2018MBC


『トゥー・カップス』(原題)
‐放送日時
3月26日(月)日本初放送スタート
毎週(月)午後8:50~午後11:15(2話連続)ほか
‐話数
全16話予定
‐出演者
チョ・ジョンソク、ヘリ(Girl’s Day)、キム・ソンホ、イム・セミ、イ・ホウォン(元 INFINITEのホヤ)ほか
‐製作陣
演出:オ・ヒョンジョン(『7級公務員』『恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボク ジュ~』)
脚本:ピョン・サンスン

‐あらすじ
刑事のチャ・ドンタク(チョ・ジョンソク)はある夜張り込み中少し目を離した間に相棒のハンジュン(キム・ミンジョン)が刺殺される。真犯人逮捕を誓うドンタクだったが、そこには大きな陰謀があった。その頃詐欺で服役していたスチャン(キム・ソンホ)が出所する。スチャンがハンジュン殺害の犯人だという目撃情報が入り、ドンタクはスチャンを逮捕するが、スチャンは冤罪だと訴える。そんな中謎の集団に襲われた2人は漢江に飛び込む。病院でスチャンが目を覚ますと、鏡に映るその姿はドンタクだった!正義感の強い刑事とちゃら~い詐欺師、正反対の2人が真犯人逮捕のため1つの身体でタッグを組むことに!


『超人ファミリー』|ⓒSBS


『超人ファミリー』
‐放送日時
3月1日(木)日本初放送スタート
毎週(木)午後8:50~11:15(4話連続)ほか
‐話数
全40話(シットコムのため1話約30分)
‐出演者
パク・ヒョックォン、パク・ソニョン、キム・ジミン、 イ・ホウォン(元INFINITEのホヤ)ほか
‐製作陣
演出:チェ・ムンソク(『クリスマスに雪は降るの?』『オンリーユー』)
脚本:ジン・ヨン
‐あらすじ
酒造会社の万年課長チョンイル(パク・ヒョックォン)は会社でも家庭でも相手にされない日々。新しいプロジェクトの遂行で昇進を確信していたが、同期に昇進を持っていかれる。悔しさのあまり、有給休暇まで使って会社を休むが、家計簿の赤字にイラ立っている妻のラヨン(パク・ソニョン)を見てまた憂鬱になる。その頃チョンイルの中2の娘イキ(キム・ジミン)は片思いの相手が親友に気があることを知り落ち込む。腹の虫が悪い妻と娘に対しオヤジギャグで慰めようとするチョンイ ルは逆に怒りを買ってしまう。


『ボーグマム』(原題)|©2017 MBC


『ボーグマム』(原題)
‐放送日時
3月4日(日)日本初放送スタート
毎週(日)午後5:30~8:00(2話連続)ほか
‐話数
全12話
‐出演者
演出:ソン・へユン(バラエティ『私たち結婚しました』『偉大な誕生』)
脚本:パク・ウンジョン(『アンニョン、フランチェスカ』)、チェ・ウジュ(『ローラーコー スター』)
‐あらすじ
妻に先立たれた天才ロボット研究者のコボン(ヤン・ドングン)。息子のユル(チョ・ヨンホ)に最高のママをプレゼントしようと研究を重ね、ついに息子の7歳の誕生日に全てが完璧なサイボーグ、ボーグママ(パク・ハンビョル)をプレゼントする。ユルがセレブ幼稚園、バッキンガム幼稚園に入園することになり周りのセレブママたちに正体を怪しまれないようボーグママの奮闘が始まる。だが感情を持たないはずのボーグママにやがてあるエラーが起き始め…。


【韓流No.1チャンネルKNTV概要】
放送局
スカパー!プレミアムサービス/スカパー!プレミアムサービス光 657ch
J:COM 761ch
ひかりTV 570ch
その他ケーブルテレビにてご覧いただけます。


ホームページ
https://knda.tv/kntv/


  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10