防弾少年団の『MIC Drop』リミックスバージョンが8週連続で米ビルボードのメインチャートである「ホット100」にランクインした。


防弾少年団の『MIC Drop』リミックスバージョンが8週連続で米ビルボードのメインチャートである「ホット100」にランクインした。


23日(現地時間)にビルボードが発表した最新チャートによると、防弾少年団の「MIC Drop」リミックスは「ホット100」チャートで79位を記録。先週より5ランクダウンしたが、昨年12月に28位で初登場した後、71位、79位、79位、82位、74位、79位という安定した成績を残し続け、8週連続チャート入りを達成した。
また、アルバム「LOVE YOURSELF 承 ‘Her’」も「ビルボード200」チャートで82位を獲得。これで15週連続で同チャートにランクインすることになり、防弾少年団の世界的な人気をもう一度証明した。
さらに防弾少年団は、「アーティスト100」チャート11位、「カナディアンアルバム」チャート46位、「インディペンデント・アルバム」チャート25位、「ワールドアルバム」チャート8週連続1位、「ソーシャル50」チャート1位(58番目の1位)という成績を収めた。


最近は防弾少年団の『MIC Drop』リミックスバージョンがアメリカの人気ドラマ「シリコンバレー(Silicon Valley)」シーズン5のBGMに使用され、大きな関心を集めた。


THE FACT JAPAN

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10