©2016 YG ENTERTAINMENT INC.ALL RIGHTS RESERVED.


「BIGBANG MADE」は2015年4月に完全体で3年ぶりのカムバックを遂げ、全世界13ヶ国・地域32都市66公演で約150万人を動員した自身2度目となるワールドツアー【BIGBANG WORLD TOUR 2015~2016 [MADE]】の全340日間の記録を収めた、BIGBANGとして初となるドキュメンタリー映画(韓国では2016年6月公開)。デビュー10周年を記念して制作された本映画は、日本で当初の予想を大きく上回る10万人の動員を記録。これまでほとんど公にされてこなかった彼等の舞台裏の姿は、『普段見れないBIGBANGが見れて、可愛さとカッコ良さに鳥肌が立った』『私達は表面のライブしか見ていないけど裏方で倒れそうになりながら頑張っている姿を見てプロだと思った』(来場者コメントより抜粋)など、ファンに大きな衝撃と感動を与えました。


 「BIGBANG MADE ScreenX」では、本編中に新規ライブ映像を追加。 2016年公開時にはシーンをセレクションした状態で上映された「BANG BANG BANG」「FANTASTIC BABY」「GOOD BOY」のライブ映像がフルバージョンで楽しめるほか、日本限定のスペシャルエディションとしてエンドロール後に上映された【2016 BIGBANG WORLD TOUR [MADE] FINAL IN SEOUL】「BANG BANG BANG」フルステージ映像が、今回のScreenX版では、アンコールバージョン(特別編集版)となります。


ScreenXは、正面のスクリーンに加えて両側面(壁面)にも映像が投影されることで270°の視界すべてで圧倒的な臨場感を創出するマルチプロジェクションの映画上映システム。ライブシーンでは270°画面での再編集により5人の圧巻のステージが蘇ります。通常画面では観ることが叶わなかった他のメンバーの姿が映し出されることも。
「BIGBANG MADE ScreenX」はこれまで韓国(2016年6月公開)、タイ(2016年7月公開)、アメリカ(2016年8月公開)で上映されておりますが、満を持して日本で公開されます。公開を記念した入場者プレゼント(数量限定)も配布決定、詳細は後日発表予定です。


公式サイト・YoutubeではScreenX版上映の様子を垣間見ることのできるプロモーションムービーも公開となりましたので、是非ご覧ください。


掲載頂きたいURL
① BIGBANG MADE ScreenX 公式サイト: http://bigbang10thmovie-made.jp/
②「BIGBANG MADE ScreenX」PV: https://youtu.be/Ny2NuIrv5N8 (解禁時間に公開予定)


◆ご送付素材
・リリース
・【画像】BIGBANG MADEビジュアル
・【画像】BIGBANG MADE ScreenX告知用画像


作品情報 BIGBANG MADE ScreenX
■公開日
 2018年2月16日(金)よりユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にて期間限定公開


■料金
 価格:¥2,500均一(劇場鑑賞料金¥1,800+特別料金¥700)
 ※入場者プレゼント(数量限定)配布決定!!詳細は後日発表いたします
 <注意事項>
 ※ScreenXは特別興行のため、特別料金です。
 ※ScreenXは座席位置により、特に左右映像の視聴環境(見え方)が異なります。予めご了承ください。


■「BIGBANG MADE」イントロダクション
2015年4月、3年ぶりに完全体でカムバックを遂げたBIGBANGは総動員数150万人を超える韓国アーティスト史上最大規模のワールドツアー【BIGBANG WORLD TOUR 2015~2016 [MADE]】を敢行。全世界150万人のファンの心に深く刻まれるとともに、その幕を閉じた。本作はワールドツアーの全340日間の記録を収めたBIGBANGとして初となるドキュメンタリーフィルムだ。シナリオなど無い、彼らのありのままを捉えたカメラの中には2つの顔があった。世界的アーティストBIGBANGとしての姿。そして、純粋な5人の青年の姿。
“僕たち5人はBIGBANGになるために生まれたんだと思う。”(劇中インタビューより)
カムバックプロジェクト[MADE SERIES]の全貌、そして10年という歳月を常に前進し続けてきた彼らの素顔に迫る。映画『BIGBANG MADE』こそ、BIGBANGの全てを見せてくれる、もうひとつのBIGBANGとなる。



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10