済州特別自治道の元喜龍(ウォン・ヒリョン、左から4番目)知事が1月28日(日)に東京現地を訪問し、輸出関係機関及び流通企業代表者との懇談会を開催した


済州商品日本輸出拡大及び販路開拓のため、関係機関長との懇談会を開催


済州経済通商振興院東京通商代表部は、済州特別自治道の元喜龍(ウォン・ヒリョン)知事が1月28日(日)に東京現地を訪問し、輸出関係機関及び流通企業代表者との懇談会を開催したと伝えた。元知事は、済州企業の優秀製品を日本地域に進出させる最前線要衝地及び対日本輸出の前線基地として活用される東京通商代表部の常設展示館などの施設を点検し、関係機関長との意見交換を通じ済州企業の優秀製品の日本プロモーション方案を論議した。


当日の懇談会では、韓国農水産食品流通公社の金浩銅(キム・ホドン)東京支社長をはじめ、大韓貿易投資振興公社東京IT支援センターの南佑錫(ナム・ウソク)所長、社団法人韓国貿易協会東京支部の朴貴顕(パク・キヒョン)支部長、現地企業代表として株式会社ハッピー食品の晋永燮(チン・ヨンソブ)代表理事が参席し、日本現地市場の動向や清浄済州商品などの日本進出拡大方案に対する多様な話題について意見を交換した。また、済州経済通商振興院の金珍錫(キム・ジンソク)院長と済州特別自治道の高奉求(コ・ボング)企業通商支援課長らが懇談会に陪席し、2017年度の事業成果と2018年度の事業計画の報告を受けた。


済州特別自治道の元喜龍(ウォン・ヒリョン、右)知事と株式会社ハッピー食品の晋永燮(チン・ヨンソブ)代表理事。


元知事はこの日の懇談会で「日本は済州の重要な輸出国。済州の清浄製品が日本に進出できるよう、関係機関及び流通企業代表の多角的な協力が必要だ」と企業と機関の協力を強調した。


流通企業代表として参加したハッピー食品の晋代表は、「済州特別市で過剰生産された製品を事前に把握することができれば、日本の販路開拓に進出が可能」との意見を明らかにした。また、相対的に済州製品は他の地域に比べ物流費関係で価格競争力の面で損失が出る部分について、“済州特別自治道の輸出支援”を建議した。
さらに、晋代表は世界韓人貿易協会東京支会の所属員として、4月6日から9日まで済州国際コンベンションセンターで開催される世界韓人貿易協会の「第20回世界代表者会議及び輸出相談会」への支援を元知事に要請。これを受けて、元知事は「積極的な関心を持って協力していく」と約束した。


そのほか、懇談会ではさまざまな意見が交わされた。韓国農水産食品流通公社の金浩銅東京支社長は、「現在日本は高齢化が急速に進行している。済州の清浄輸出水畜産物は天然原料料による長所を持っているため、シルバー商品開発が新しい販路の突破口になることができる」とシルバー商品の開発を提案した。大韓貿易投資振興公社東京IT支援センターの南佑錫所長は、「現在に日本で成功した製品は、“韓国的である”よりも“現地化された”製品が多い」と成功した製品の特長を説明しつつ、「済州のプレミアム製品の現地化が成功のポイントだ」と語った。韓国貿易協会東京支部の朴貴顕支部長は、「細かな日本バイヤーの要求に対応できる姿勢が必要で、製品だけではなくパッケージの現地化も非常に重要な事項だ」と強調した。


済州経済通商振興院の金珍錫院長は同席した席で、このような関係機関長らの提案や建議事項を集約。また、ターゲット商品発掘や、他のブランドが運営する店舗内に入店する“ショップ・イン・ショップ”戦略などを挙げながら、済州企業の日本市場進出が拡大し、地域経済活性化に寄与することが出来るよう関係機関長らの協力と配慮を依頼した。


済州特別自治道の元喜龍(ウォン・ヒリョン、左)知事と社団法人韓国貿易協会東京支部の朴貴顕(パク・キヒョン)支部長。


済州特別自治道の元喜龍(ウォン・ヒリョン、左)知事と韓国農水産食品流通公社の金浩銅(キム・ホドン)東京支社長。


済州特別自治道の元喜龍(ウォン・ヒリョン、左)知事と大韓貿易投資振興公社東京IT支援センターの南佑錫(ナム・ウソク)所長

済州特別自治道の元喜龍(ウォン・ヒリョン)知事が1月28日(日)に東京現地を訪問し、輸出関係機関及び流通企業代表者との懇談会を開催した。

元喜龍(ウォン・ヒリョン)知事は済州企業の優秀製品を日本地域に進出させる最前線要衝地及び対日本輸出の前線基地として活用される東京通商代表部の常設展示館などの施設を点検した。







  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10