TWICEの日本2ndシングル「Candy Pop」がビルボードジャパンで4冠を達成した。


TWICEの日本2ndシングル「Candy Pop」がビルボードジャパンで4冠を達成した。


ビルボードジャパンは14日、TWICEの『Candy Pop』が初週累計で303,746枚を売り上げたことを言及しながら、「『Candy Pop』が、シングル1位、ルックアップ1位、ストリーミング1位、動画再生1位の計4冠で“JAPAN HOT100”総合首位を獲得した」と伝えた。また、「TWICEの他楽曲もストリーミングと動画再生を大きく伸ばし、100位圏内に計10曲を送り込む躍進ぶりを見せた。『Candy Pop』の週間動画再生回数は5,967,235回で、同2位の『ダンシング・ヒーロー』に約300万回の大差を付け、前週よりも約200万回増となっており、しばらく総合上位を守り続けることは確実だ」と分析した。


「Candy Pop」はオリコンの累計でも26万5758枚の売上を記録。週間ランキング1位を獲得した。「Candy Pop」は発売5日目の売上で25万6809枚を記録しており、日本レコード協会のプラチナ認定(25万枚以上の売上を記録するレコード)”も確実視されている。TWICEの“プラチナ作品”は「Candy Pop」を含めると3作品となる。昨年6月に発売したデビューベストアルバム「#TWICE」と同年10月に公開した初のオリジナルシングル「One More Time」がプラチナ認定を受けた。


THE FACT JAPAN

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10