大鐘賞映画祭、百想芸術大賞、青龍映画賞など今年の韓国映画賞を席巻!
530万人動員の大ヒット作!
チョ・インソン「大丈夫、愛だ」×チョン・ウソン『アシュラ』 
『ザ・キング』
「おじさん図鑑」のなかむらるみさん書下ろしイラスト&
白石和彌監督や歌広場淳さんらの絶賛コメント到着!



“やられたら、やり返す!それが政治理念だ!”をモットーに1%の成功者になるため翻弄される若き検事の成り上がりの人生を描き、そのセンセーショナルな内容が話題を呼んで、韓国で観客動員530万人をこえる大ヒットを記録した『ザ・キング』(配給:ツイン)が、いよいよ年3月10日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次公開となります!


この度、「おじさん図鑑」で人気のイラストレーター・なかむらるみさんが本作に登場する主人公たちを独特のタッチで描いた書下ろしイラストと、公開に先駆けて本作を鑑賞した白石和彌監督や、小説家の真山仁さん、ジャーナリストのモーリー・ロバートソンさん、ゴールデンボンバーの歌広場淳さんら各界著名人より絶賛の声が到着、解禁となりました!


本作は1980年から2010年にわたる激動の韓国現代史を背景に、国家という巨大ピラミッドに蔓延する理不尽なパワハラや大統領選挙の裏で活発化するスリリングな駆け引きを実話さながらに描きあげたスタイリッシュなクライム・エンタテインメント。歴代の大統領選の裏に蠢く金と権力のために動いた検事たちの物語は、情報操作やイメージ戦略、時にはヤクザさえも利用し、まさに悪のバイブルかのごとき、政治の非道さを描き出す。


今回、「おじさん図鑑」(小学館)、「おじさん追跡日記」(文藝春秋)など、綿密な人間観察と味わい深いイラストで人気のなかむらるみさんが描いたのは、本作の主人公で新人検事パク・テス(チョ・インソン)、権力者の検事部長ガンシク(チョン・ウソン)、さらに上司に絶対服従のドンチョル(ペ・ソンウ)の“悪に染まる検事三人組”の面々が並んで不器用なダンスをする一コマ。劇中のバブリーなダンスも話題となっている三人の可笑しみを感じられるイラストで、それぞれのキャラクターのおススメポイントも添えられている。


さらに、本作を公開に先駆けて鑑賞した各界著名人のコメントも続々到着。『彼女がその名を知らない鳥たち』『凶悪』の白石和彌監督は「韓国現代史の裏で繰り広げられる超ハイカロリーパワーゲーム。やりたいこと全部やってる感が凄い。ていうか羨ましい。権力の闇を描くこの映画は韓国以上に日本にこそ必要な映画だ」と絶賛! またゴールデンボンバーの歌広場淳さんは「おい、俺たちの大好物が来たぞ!“やられたらやり返す…倍返しだ!”が口グセの男に夢中になった人は全員集合だ!!!」と鑑賞後の興奮が伝わるコメントを寄せるなど、各界著名人のコメントも要チェック!
現在、平昌五輪開催中で注目集まる韓国の「今」につながる激動の時代が垣間見られるエンターテイメント快作!劇場でどうぞお見逃しなく。



★各界著名人から絶賛の声続々!(順不同・敬称略)


韓国現代史の裏で繰り広げられる超ハイカロリーパワーゲーム。
やりたいこと全部やってる感が凄い。ていうか羨ましい。
権力の闇を描くこの映画は韓国以上に日本にこそ必要な映画だ。
白石和彌 (映画監督)


政治とは暴力だ――と看破したマックス・ヴェーバーの至言が、艶やかに壮絶に浮かび上がる権力エンターテインメントは、危険すぎて観る者全てを虜にするだろう。
真山仁(小説家)


まさに「ポピュリズム」を利用する権力。気づけば引き込まれていく大衆心理を巧みに操る様は、現代社会と照らし合わさずにはいられない。
モーリー・ロバートソン(ジャーナリスト)


自分に嘘をつき、信じたい事だけを信じる男たち。その悪徳の限りを、娯楽と韓国的な道徳を交えて描く稀有な作品。
塚越健司(情報社会学者)


韓国政治の裏で蠢く悪徳検事たち。正義は誰によってつくられるのか。〝民主主義の死と再生〟を目撃せよ!
葉真中 顕(作家)


主人公は表、親友は裏それぞれの社会での活躍から華やかさとダークな部分の対比。冷や冷やしながら観ていましたが最後の計画が痛快。 韓国美女も抜群のスタイルで花を添えていてそれも良かったです。
ジュリアナクィーン荒木師匠(荒木久美子)


ダンディな男たちの仁義なき闘いの記録。韓国社会のリアルな実像、そして人間社会の本性を優雅に暴くこの映画は、内部告発者の声なき悲鳴に覆われている。
金慶珠(東海大学教授)


プライドを捨てろ!権力に寄り添え!」毎日、朝礼で言われたい。全社メールで送って欲しい。全国にいる社畜の仲間達よ、『ザ・キング』を観て、出世競争を勝ち抜きましょう。
恩納 力(AbemaTV)


戦前の日本と同様に、刑事事件の捜査と起訴の権限が集中する検察での「権力と欲望の暴走」の恐ろしさをリアルに描く力作。
郷原信郎(弁護士)


おい、俺たちの大好物が来たぞ!
「やられたらやり返す…倍返しだ!」が口グセの男に夢中になった人は全員集合だ!!!
歌広場淳(ゴールデンボンバー)


© 2017NEXT ENTERTAINMENT WORLD & WOOJOO FILM All Rights Reserved.


プライドを捨てろ!権力に寄り添え!!若き検事の成り上がり人生!!
ケンカ好きの貧しい青年だったパク・テス(チョ・インソン)は、暴力ではなく権力で悪を制する検事に憧れ、猛勉強の末に夢を実現、新人検事として地方都市で多忙な日々を始める。だが、ある事件をきっかけにソウル中央地検のエリート部長ガンシク(チョン・ウソン)と出会い、平穏だった人生は激変。富も名声も手にしたガンシクは、他人を踏み台にして出世し、大統領選挙を利用して権力をつかんだ“1%の成功者”だった。正義の仮面の下に隠された正体を知ったテスは、次第に悪の魅力に染まっていく。だが、制裁の刃はすぐそこまで迫っていた……。

監督:ハン・ジェリム『観相師―かんそうし―』     
出演:チョ・インソン「大丈夫、愛だ」 チョン・ウソン『アシュラ』 ペ・ソンウ『インサイダーズ/内部者たち』 
リュ・ジュンヨル「恋のスケッチ ~応答せよ1988~」 


【予告編】https://youtu.be/E_64dzuluQA



★公式HP http://theking.jp/


2018年3月10日(土)シネマート新宿ほか全国順次ロードショー



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10