写真:YG ENTERTAINMENT


2月27日(火)に現役兵として入隊を控えているBIGBANGのG-DRAGONが、自身の名前から店名をとった「GD café」を25日、オープンする。


昨年末、高尺スカイドームで開かれたBIGBANGのコンサートを最後に、すべての公式スケジュールを中止しているG-DRAGONは、これまで韓国・済州島(チェジュド)に滞在しながら1年間をかけて作った「GD café」とボーリング場のインテリアの仕上がりに邁進している。


済州神話ワールドの中に新しく出店する「GD café」とボーリング場は、G-DRAGONにとって格別な意味をもつ。
設計の初期段階からコンセプト、デザイン、インテリアなど隅々まで彼の手が届いていて、1年間にわたりながら愛情を注いできた。現在はインテリアの完成に向けてG-DRAGONが店内の壁に直接絵を描いたり、自分のコレクション作品をディスプレイするなど、入隊まで約1週間を残しているにもかかわらず、スタッフ一丸となって最後まで手を抜かずに作業しているという。


また、「GD café」のすぐ隣りにあるボーリング場は3月以降のオープンを予定している。
「GD café」とボーリング場はYGエンターテインメントと済州神話ワールドとの長い業務上の協力により実現した。
「YG REPUBLIQUE」というエリアには「GD café」とボーリング場だけではなく、YG直営のコリアンBBQレストラン「サムゴリプジュッカン」、ブランチを楽しめる「3 Birds」、済州島の海鮮物が堪能できるビュッフェまで、多様なゾーンを用意している。


THE FACT JAPAN



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10