写真:FNCエンターテインメント


FTISLANDのメンバーで俳優として活動するイ・ジェジンが、新ドラマ「リッチマン」に出演することになった。


ドラマ「リッチマン」は、、*心因性認識不全症候群を患い、一度に人の顔や名前を覚えることができないIT企業のオーナーと、記憶力が非常に長けている就職活動中の女子大学生のラブストーリーを描いた作品。
(*相貌失認に似ている。*脳障害による失認の一種。顔を見てもその表情の識別ができず、誰の顔かわからず、もって個人の識別ができなくなる症状)
2012年、フジテレビ系の月9枠で放送され、小栗旬、石原さとみが男女主演を演じた「リッチマン、プアウーマン」が原作となっており、韓国でリメイク版の制作が決定して話題を呼んでいる。


今作でイ・ジェジン演じるのはカン・チャンス役だ。新生IT企業・NEXT-INの管理チームに所属し、同社のオーナーであるユチャン(EXOスホ)の秘書を兼ねている人物。心因性認識不全症候群で秘書である自分の顔も憶えられないユチャンに屈せず、自身の存在を刻印させるために孤軍奮闘する明るくて前向きなキャラクターだ。


これまでイ・ジェジンは、映画「歩き王」、ミュージカル「ハイスクール・ミュージカル」「ソナギ(夕立)」、ドラマ「止められない結婚」「学園サバイバル~アブジェンイ~」など、多様な作品で着実にキャリアを積んできた。特に、昨年は「マイ・オンリー・ラブソング」「姉は生きている」「シェアハウス~男女4人物語~」などのドラマに相次いで出演し、安定感のある演技力で好評を寄せただけに、今作でみせる新たな演技変身にも注目が集まる。


THE FACT JAPAN



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10