全国民的な関心と愛を受けてきたプロジェクトグループWanna Oneが放送事故を起こした。


韓国のケーブルチャンネルMnetのオーディション番組「プロデュース101シーズン2」を通じて抜擢され、全国民的な関心と愛を受けてきたプロジェクトグループWanna Oneが放送事故を起こした。メンバーたちの私的な会話がそのまま放送されたが、その内容がこれまでのイメージとまったく違い、ファンに衝撃を与えている。


19日、Mnetドットコム「スターライブ」に出演する直前に、Wanna Oneのメンバーたちの会話がそのまま放送された。会話の内容をみると、「僕たちはなぜ精算してもらわないのか」「なぜ20%のみしかもらえないのか」「なんで寝ることもできないか」「なんでこんなにスケジュールがぎっしりなのか」「悪口でも言いたい」など、これまでの純粋な
イメージと違う会話の内容で、物議を醸している。


この放送事故に多くのファンが批判の声をあげている。「初心を忘れた」「スタッフもいるのになんと軽率な口だろう」「一生懸命応援したのにがっかりだ」と激怒する意見も見える。
ファンの批判が続くと、メンバーたちはファンサイトに謝罪文を掲載した。「今日のライブ放送に先立ち、良くない姿をお見せし失望感を抱かせてしまった」。深く反省する」と謝罪した。所属事務所もSNSを通じて謝罪したが、失望感を表すファンが続出している状況だ。


THE FACT JAPAN

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10