韓国の地上波SBSの新水木ドラマ「スイッチ-世界を変えろ」の制作発表会見が28日、ソウルで行われた。写真は主演俳優のチャン・グンソク。|撮影:ペ・ジョンハン


韓国の地上波SBSの新水木ドラマ「スイッチ-世界を変えろ」(脚本:ペク・ウンチョル、キム・リュヒョン、演出:ナム・テジン、制作:C-JeSプロダクション)の制作発表会見が28日、ソウルで行われた。


詐欺師から検事に身分を変えた男サ・ドチャンが、法律逃れの連中を捕まえていくという痛快なストーリー。ドチャンと検事ペク・ジュンスの一人二役に挑んだ主演チャン・グンソクにとっては、前作の「テバク〜運命の瞬間〜」以来、2年ぶりとなるドラマ復帰作だ。


会見では、「このドラマが軍入隊前の最後の作品になりそうです。そのため、シーンを撮るたび集中することに心がけながら、心の準備をしながら役作りに励んでいます」とコメント。今作に込めた思いを述べた。


同日夜10時よりSBSチャンネルにてスタート。






ヒロインで検事オ・ハラ役を演じるハン・イェリと2ショット



チャン・グンソク演じるサ・ドチャンとペク・ジュンスと敵対関係となるクム・テウン役のチョン・ウンイン


ドチャンが率いる詐欺師グループ・スイッチのメンバー、左からポン監督のチョ・ヒボン、インテ役のアン・スンファン、ウンジ役のシン・ドヒョン(右端)



THE FACT JAPAN



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10