現役兵士として入隊中の俳優イ・ジュンがパニック障害により、補充役(社会服務要員)服務を命じられた。


現役兵士として入隊中の俳優イ・ジュンがパニック障害により、補充役(社会服務要員)服務を命じられた。


イ・ジュンの所属事務所は30日午前、「イ・ジュンの服務が3月23日付で補充役としての服務に転換された」とし「イ・ジュンは兵務庁の指示に従い、社会服務要員として国防の義務を続けていく予定」と伝えた。


イ・ジュンは昨年10月、現役兵士として陸軍に入隊した。しかし、事務所によると、入隊前から患っていたパニック障害が好転せず、入隊後も治療を受けていたという。結局、軍は現役兵士としての服務が不可能だと判断し、社会服務要員としての服務を決定した。


事務所は「元気な姿をお見せすることができず申し訳ない」とし「残りの服務期間、最善を尽くして全うしていきたい」と伝えた。


THE FACT JAPAN

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10