Mnetのオーディション番組「プロデュース48」が11日、初収録を行う。


韓国の練習生と日本のAKB48のメンバーたちが参加し熾烈なサバイバルを繰り広げるMnetのオーディション番組「プロデュース48」が11日、初収録を行う。同収録には日韓合作ガールズグループを目標に、96人の参加者が参加した。


出演者が101人だった前シーズンの「プロデュース101」とは異なって、今年1月から募集を開始した「プロデュース48」には韓国と日本を代表する96人の参加者が集まった。
日本で活発に活動しているAKB48のメンバーを含め、歌手の夢を叶えるために所属事務所でトレーニングを受けてきた両国の歌手志望生たちが最終ステーションまで生き残るため意欲を燃やしているという。彼女たちは約4ヶ月間の旅を経て、国民が選んだ最初の日韓ガールグループの一員になる。
 

制作陣は参加者を導いていくトレーナーたちも一部公開した。ボーカル・トレーナーとしては、日韓両国で活発な活動を行い高い人気を博しているFTISLANDのイ・ホンギが起用された。また、個性のあるボーカルと優れた歌唱力の持ち主のソユ(元SISTAR)もボーカル・トレーナーとして出演する。ラップ・トレーナーは「プロデュース101」シーズン1〜2を通じて独歩的なメンタリングを見せてくれた女性ラッパーのCheetahが務める。
ダンス・トレーナーとしては、「プロデュース101」シーズン1でカリスマあふれる姿で参加者たちを指導した振付師ぺ・ユンジョン、SEVENTEENの『Dont Wanna Cry』やWanna Oneの『Beautiful』などのパフォーマンスを企画し「2017 MAMA(Mnet Asian Music Awards)」でベスト振付師賞を受賞した振付師チェ・ヨンジュン、そして圧倒的な再生回数のダンス映像で韓国だけでなく海外でも注目されている振付師MAY J LEEが担う。
実力と個性を兼ね備えたトレーナーたちは、11日の初録画から96人の参加者たちの魅力と才能を引き出す、心強い助っ人になる。
 

昨年11月の「2017 MAMA in Japan」を通じて、韓国と日本に初公開されたMnet「プロデュース48」は、国民が直接アイドルグループのメンバーを選抜する韓国の「プロデュース101」システムと、専用の劇場で常時ライブ公演を行う日本の国民アイドル「AKB48」システムが結合した超大型日韓プロジェットだ。番組は6月よりスタート。


THE FACT JAPAN



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10