俳優のチャン・グンソクが出演中のドラマの低迷な視聴率についてコメントした。


俳優のチャン・グンソクが出演中のドラマの低迷な視聴率についてコメントした。


チャン・グンソクは25日、ソウルで行われたSBS水木ドラマ「スイッチ-世界を変えろ」の記者懇談会に出席し、「作品が数字(視聴率)によって右往左往するのは危ないと思う」と持論を述べた。
また、「もちろん視聴率が良ければ嬉しいだが、低調だとして現場の俳優たちが動揺したりすることはあり得ないことだと思う。それが責任感であり、視聴者との約束だからだ」とし「視聴率が低くて、撮影現場で“早く帰りたい”、“早く終わってほしい”というふうに思ったことはない。チームワークには全く問題ない。視聴率が二桁になったら嬉しいけど、今も十分に楽しく撮影している」と現場の雰囲気に満足感を表した。


一方、チャン・グンソクの2年ぶりとなるお茶の間復帰作「スイッチ-世界を変えろ」は現在韓国で放送中だ。


THE FACT JAPAN

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10