中山美穂、5年ぶりの主演作!
女性小説家が選んだ人生最終章は、美しいラストストーリー

「蝶の眠り」

新垣生演奏&犬の登場に中山、キム大感激!
さらに韓国での上映も決定!
映画『蝶の眠り』初日舞台挨拶レポート


上映後の熱気冷めやらぬ観客からの大きな声援に、中山、キム、新垣、チョン監督が手を振って応えながら登場。主演を務めた中山は、「今日は『蝶の眠り』を劇場まで観に来てくださってありがとうございます。撮影は2年ほど前になるんですけれど、やっと公開初日を迎えることができ、みなさんにお会いできることをすごく楽しみにしていました。今まさに映画をご覧になった皆さんに温かい拍手で迎えていただいて、ほっとしています」と挨拶。韓国人留学性のチャネ役を演じたキム・ジェウクも「韓国ではない劇場で、韓国人の僕が舞台挨拶をさせてもらえているというのが不思議です。でも、小さい頃に住んでいた日本で仕事をさせてもらえてとても光栄です。これからもよろしくお願いします!」と、流暢な日本語で挨拶をした。



本作で遺伝性アルツハイマーを患う50代の女性小説家・松村涼子役を演じた中山は「病気や別れなど悲しい物語を描いているのに、チョン・ジェウン監督はそれを静かに流れるような詩的な雰囲気の映画に演出してくださって、完成した映画を見て改めてこの映画に関わる事ができてよかったなと思いました」と振り返る。



キムは「韓国でも子供の頃にテレビや映画で見ていた役者さんと共演する機会はありましたが、中山美穂さんは特別でした。映画『Love Letter』は、僕自身はもちろん韓国人みんなが大好きな作品ですし、そんな映画に出演していた中山さんが存在していること自体、最初は実感できませんでした。初めてお会いした時の印象はたぶん死ぬまで忘れないだろうと思います」としみじみ。「最初にお会いしたのは衣装合わせの時だったのですが、美穂さんが僕をガン見してきて(笑)。ほんの2秒くらいだったとは思うのですが、目が大きくて時が止まったような気がしました。僕の顔を見て『チャネだ』と認めていただけたようで、とても嬉しかったです」と中山との印象的な時を思い返した。



そんな2 人をキャスティングしたチョン・ジェウン監督は「衣装合わせの際に初めて2 ショットを見たのですが、化学反応が起きました。私がキャスティングしたのに、『こんな完璧な組み合わせを考えたのは一体誰なの!?』と自問自答してしまいました」と100 点満点のキャスティングだったと告白。
7 歳まで日本で過ごし、日本語が堪能なキムについて話が及ぶと「本当に日本語がお上手で、しかも心地よいしゃべり方をされるので直すところがなかったのですが、ただ一つ“庭師”って言葉が言えなかったよね」と中山が暴露。「そうそう。毎回美穂さんに教えてもらっていました。その単語を初めて知ったんですよ」と撮影現場でも涼子とチャネの関係であったと明かす。



自身初となる映画音楽を手掛けた新垣は「涼子とチャネの出会いから別れまで、お二人の心の動きを増幅させるのではなく、静かに寄り添えるような音楽を目指しました」と挨拶。新垣のそばにはエレクトリックピアノが用意されており、公の場で初めて楽曲を披露。「(前回、舞台挨拶を行ったプレミアム試写会とは違い)今日はまったく緊張していません」と断言した新垣だったが、少し緊張した面持ちで演奏。映画の世界を表現した美しい旋律に会場は温かい拍手で包まれた。また本作が韓国でも9 月に公開されることが発表され、チョン監督は「日本で製作した映画が私の母国である韓国でも公開されるということで、とても嬉しく思います。日本での反応がいいと、韓国でも話題になると思いますので、みなさんぜひ宣伝よろしくお願いいたします!」とアピール。中山とキムも「韓国でもたくさんの方に観ていただきたい」と口を揃えた。


涼子のペットとして本編に登場するラブラドール・レトリバーのトンボがお祝いに駆け付けた。スーツを着ておめかししたトンボの姿に会場はメロメロに。ラストのフォトセッションにも一緒に参加し、しっぽを振って報道陣に愛嬌を振りまいていた。
最後には中山が「本当に今日は足を運んでくださりありがとうございます。みなさんが感じたままに映画を評価いただければ私は嬉しいです。この映画にはいくつか伏線があり、私も2 回観て気付いた部分もあるので、ぜひ2 回目、3 回目と楽しんでいただければと思います」と締め、舞台挨拶は終了した。


©2017 SIGLO, KING RECORDS, ZOA FILMS


【STORY】
50 代でありながらも美しく、若い読者にも根強いファンを持つ、売れっ子の女流小説家・松村涼子(中山美穂)。作家として成功し、満ち足りた生活を送る涼子だったが、遺伝性のアルツハイマーに侵されていることを知り、人生の終焉に向き合うことを余儀なくされる。“魂の死”を迎える前に、小説を書く以外に何かをやり遂げようと、大学で講師を務め始めた涼子。ある日、大学近くの居酒屋で、韓国人の留学生チャネ(キム・ジェウク)と出会い、ひょんなことから涼子の執筆活動を手伝うことになる。作業を進めるうち、現実と小説の世界は混沌として交差して行き、二人も徐々に惹かれあっていくのだった。しかしアルツハイマーは容赦なく進行していく。愛と不安と苛立ちの中、涼子はチャネとの関係を清算しようと決意するのだが、その思いはチャネには受け入れがたく、二人の気持ちはすれ違っていく…。


出演:中山美穂 キム・ジェウク/石橋杏奈 勝村政信 菅田 俊 眞島秀和 澁谷麻美/永瀬正敏
監督・脚本・原案:チョン・ジェウン
ストーリー・劇中小説:藤井清美/企画・製作:山上徹二郎 坂本敏明 イ・ウンギョン/プロデューサー:山上徹二郎 イ・ウンギョン 山口幸彦
製作:シグロ、キングレコード、ZOA FILMS 制作プロダクション:シグロ/配給:KADOKAWA/©2017 SIGLO, KING RECORDS, ZOA FILMS
2017/日韓合作映画/日本語/112 分/5.1ch/DCP

公式HP:http://chono-nemuri.com


5 月12 日(土)より、角川シネマ新宿ほか全国ロードショー



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10