Big Hit Entertainment


防弾少年団がニューアルバムのタイトル曲の予告映像を公開する。


防弾少年団は15日、公式ホームページやSNSなどを通じて3thフルアルバム「LOVE YOURSELF 轉 ‘Tear’」のタイトル曲『FAKE LOVE』ティーザー映像を電撃公開した。


映像にはショパン「別れのワルツ」(Valse op.69-1 "L'adieu")がバックグラウンド・ミュージックとして使用されて、穏やかなピアノの旋律とともにメンバーたちが一人ずつ登場する。最後に登場したジョングクが暗い部屋に入って、見知らぬ人と向き合う場面で終わるが、『FAKE LOVE』の歌詞が一部公開され、同曲への期待感を高めている。タイトル曲『FAKE LOVE』は、信じていた“運命的愛”が偽りだったことに気付いていく内容で、今回のアルバムのテーマを明確に示している。ロック(Grunge Rock)ギターサウンドとトラップビットが奇妙な雰囲気を醸し出すエモ・ヒップホップ(Emo Hiphop)ジャンルで、防弾少年団の暗い感性を感じる曲となっている。



防弾少年団は5月18日、音源サイトを通じて「LOVE YOURSELF轉 ‘Tear’」を公開し、20日には米国ラスベガスで開催される「2018ビルボード・ミュージック・アワード」でニューアルバムの新曲ステージを初めて披露する予定だ。


THE FACT JAPAN

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10