写真:MBC「ラジオスター」


ニューアルバムを引っさげてカムバックしたSHINeeが、韓国の人気バラエティ「ラジオスター」(5/30放送)に登場する。
なかでも末っ子のテミンは自ら生理現象を打ち明ける一方、あるメンバーの盗み癖(?)を疑うエピソードまで語ったと伝えられ、視聴者からの期待感が高まっている。


「SHINee's back」というタイトルで放送される同番組で、メンバーらはより結束された姿でアーティストとしてのキャリアを感じさせられるトークを披露するという。
特に10代のときにデビューし、10年の時間を過ごしてもう20代の半ばまできているテミンは、明るいエネルギーと爽やかな魅力で注目を集めるが、兄たちはテミンのことを「怪物」だと話し、ミンホは「兄たちの長所と短所をすべて吸収しているので、もうより付けないんだなと思った」と明かした。


そんな「怪物」テミンのトークラッシュがここから始まり、マネージャーはテミンのあだ名が「トンテム(똥탬:うんこテミン)」であることを暴露。これについてあまりにも正直に話すテミンに、メンバーらは恥ずかしくて頭を上げられなかったという。さらにテミンは、あるメンバーの盗み癖(?)を語るエピソードまで披露し、兄たちをおろおろさせた。


一方、SHINeeのダンシングマシンであるテミンは、「振り付けの動線は自分との戦い」としながら、タイミングが合うと喜びを感じると話し、ヒット曲「Sherlock」に合わせ息ピッタリなチームワークをみせたという。
さらに、青少年時代にデビューしたため付けられた“生まれつきのソロ”に関する真相まで自ら打ち明けるなど、末っ子の大反乱を予告している。


「SHINee's back」特集で放送される「ラジオスター」は、5/30(水)韓国の地上波MBCにて夜11時10分スタート。


THE FACT JAPAN



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10