写真提供:YG ENTERTAINMENT


ガールズグループBLACKPINKが韓国ファースト・ミニアルバム「SQUARE UP」を6月15日(金)にリリース。本格的な活動に乗り出す。


YG ENTERTAINMENTは4日、公式ブログ(www.yg-life.com)にて同アルバムのタイトル曲名「DDU-DU DDU-DU」を知らせ、翌日の5日には「FOREVER YOUNG」「REALLY」「SEE U LATER」が加わった全4曲収録のトラックリストを公開した。


「DDU-DU DDU-DU」は、BLACKPINKのデビューシングルからすべての楽曲を手がけたTEDDYが作詞を書き、TEDDYと24、R.Tee、Bekuh Boomが作曲している。ジャンルなどの詳細は、後日公開になる予定だ。


ファン待望のミニアルバム「SQUARE UP」は、“真っ直ぐに立つ”“けりをつける”という意味で、“堂々と立ち向かう”というメッセージが込められている。
BLACKPINKのデビュー曲から続けている「SQUARE」シリーズとして、ファースト・シングル「SQUARE ONE」とセカンド・シングル「SQUARE TWO」の延長線にあるアルバムになっている。


2016年8月8日にデビューしたBLACKPINKは、デビュー曲の「WHISTLE」「BOOMBAYAH」に続き、「PLAYING WITH FIRE」「STAY」、昨年のシングル「AS IF IT'S YOUR LAST」まで、これまで発表してきた楽曲のほとんどが音楽チャートを席巻し、世界的な人気を博した。
特に「AS IF IT'S YOUR LAST」のミュージックビデオは、「BOOMBAYAH」の記録を超え、韓国ガールズグループ史上最短期間でYouTube再生回数3億回を突破している。


THE FACT JAPAN


  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10